旅行のこと

【旅行先で思いっ切り楽しむ】飛行機内で効率よく休む3つのポイント

飛行機

海外に行くときの飛行機の移動、
想像以上に長くないですか?

「あっという間」
「長っ!」
あなたはどっちでしょうか?

私は体感時間はめちゃめちゃ長いと感じます。

寝ようにも、隣の人が気になったり、緊張したり、
機内食や機内販売で寝れないなんてこともありますよね。

備え付けの映画や音楽、ゲームを楽しんだり、
読書をしたり勉強したり、様々な時間の使い方が
あると思うのですが、みなさん、“ウトウト”しますよね。

この“ウトウト”時間を効率よく休める方法を伝授します!

それは、

  • 1、快適な座席づくり
  • 2、ネックピロー
  • 3、アラジンパンツ、スウェット

以上の3つです!

飛行機内のウトウトタイムに効率よく休める3つのポイント

ピローネック

その1.快適な座席づくり

座席をどうマネジメントするか
あなたのフライトを左右します。

まず、靴。

サンダルではなく靴で入ることをおすすめします。

機内は本当に冷えます。
年中極寒です。

南国に行くとしても、
ビーサンやヒールでは観光向きではなかったり、
冷えを気にしてスニーカーを持っていく方が大多数だと思いますが、
フライトもスニーカーが断然オススメ

それに冷え込む機内では靴下に救われます

靴を履きっぱなしで
何時間も座るのは想像を絶するほど苦痛です。

なので、まず乗ったら靴を脱ぎ、
前の座席の下もしくは自分の足元に入れる

靴下は靴の中に入れても良し、履いたままでも良し。

あなたが一番楽なようにで調整してください。

 

そして、次に腰。

体温調整のための薄手のシャツなどの衣類、
ブランケット、タオル、何でも構いません。

丸めてシートと腰の間に挟めるような、
何か柔らかいモノを用意してください

シートと腰の間にクッションがあるだけで変わります

腰の痛みだけでなく、腰の上の背中の痛み、
肩の痛み、さらには首の痛みも軽減されます。

降りたときの全身のコリが全く違います。

 

最後に手持ちのバッグ。

これは前の座席の下に入れましょう。

人によるかもしれませんが、足を乗せてリラックスできます

ずっと宙ぶらりんのままでも、地面にべったりでも
ひざやふくらはぎ、さらには足裏やももまで疲労が蓄積されます。

ですが、置いたバッグを使って足を伸ばしたり、
曲げたり自分で自由に動かせるのは大きい!

降りたときのむくみが全く違います。

その2.ネックピロ―

空港で絶対4人はいますよね~、アレ持ってる人(笑)

首につけたままの人、バックパックにぶら下げている人、
ご丁寧に腕にかけている人…

でも、実はこれ、侮れないんですよ。

確かにアレはかさばるしダサい。

でも、一定数の支持者がいる理由も納得できます。

まず、隣の人を気にしなくていい!
そして、首が疲れない!
つまり、“ウトウト”の質がいい!!

電車でもバスでも、“ウトウト”するとき
「隣の人にもたれかかったらどうしよう」
って気になたりしませんか?

気になってしまうと目覚めてしまったり、
そもそも首が疲れ切って痛くて苦しい
という経験、一度はありますよね。

ネックピローはこれらから守ってくれます。

頭の左右に揺れる運動や頭そのものをしっかりと受けてめてくれ、
首が一定以上曲がらず負担がかからないんです。

改めて考えたら当然ですよね、
“首(ネック)”の“まくら(ピロ―)”ですもんね。

普通のまくらも、
あるのとないのとでは大きく違いませんか。

ネックピローも同じ。

眠くて眠くて、15分だけ仮眠をとった時
スッキリするのと同じ感覚です。

深くて質の良い“ウトウト”が得られます。

降りたときの疲労感が全く違います。

ダサくても持ち歩く人たち、納得!!

その3.アラジンパンツ&スウェット

スウェット

搭乗時是非履いてください。

何度か前述している通り、冷え込みます。

疲れますし、足はむくみます。

お手洗いの時の歩行やストレッチだけではなく、
座っている間もこまめに動きたいですよね。

なので、冷えない長ズボンで、かつ動きやすいものがおすすめ

スウェットでもちろんいいのですが、
ウエストや足首がキュッとしまっていたり、
何より、とにかくかさばる!!パジャマ感出る~って
気になる方もいると思います。

なので、アラジンパンツが本当におすすめ!

普段の部屋着にしてもかわいいし、
全体的にゆるめだしかさばらないし。

スウェットやアラジンパンツは、
足を組んだり体操座りしたり正座したり、
座席内で最大限に足を動かせるんです。

降りたときの体の重みが全く違います。

まとめ

海外旅行の移動時間を効率よく休むには…

  1. 快適な座席づくり
  2. ネックピロー
  3. アラジンパンツ、スウェット

が大切!

ダサくても、荷物多くても、しっかりフライトで休めれば、
旅行を初日からしっかり楽しめます!
顔色も良く、全身の疲労感も軽い!

観光やグルメは写真に撮られるけれど、
荷物持ってるところなんて写真に撮られないし、
大きくて重い荷物を運ぶのは旅行のほんの一部。

せっかくの海外旅行、
飛行機も快適に使って存分にエンジョイしましょう!!

-旅行のこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.