食べ物のこと

アーモンドが不妊に効果あり!?口コミと1日に摂取する量を大公開!

女性の社会進出もあり、近年女性の晩婚化が進んでいます。

妊娠を望んでいるにもかかわらず
一定期間(およそ1年間)妊娠できずにいることを
「不妊」といいますが、
今では不妊に悩む夫婦は10組に1組とも言われています

近年では「妊活」という言葉も定着してきました。

妊娠しやすい身体づくり、
また妊娠してからも安心して出産できるように
身体を保つにはさまざまな栄養を取り入れる必要があります。

よく「ザクロ」は妊活に効果があるといわれていますが、
「アーモンド」にも効果があるといわれていることを
知っていましたか?

アーモンドの効果で妊娠した女性多数!?リアルな口コミをご紹介!

アーモンドを食べて妊娠した
アーモンドミルクを飲み続けて妊娠したという話は
妊活サイトなどでよく目にします。

当然突然妊娠することは少なく
生理不順だったのが改善されて妊娠した」という話や
「長かった生理周期がだんだんと正常に戻って
三か月後に妊娠した」という話もあります。

「アーモンドを食べることと
身体を冷やさないように気を付けた」と、
冷えから身を守ること重要視している方も多くいました。

ですが、アーモンドを食べ始めた周期に妊娠した!
という話もあり、
多くの妊活中の女性に効果があるようです。

アーモンドの効果で妊娠も夢じゃない!?1日に摂取するべき量とは?

ではなぜアーモンドが妊活に効果的なのでしょうか。
それはアーモンドに含まれる栄養素にあります。

アーモンドにはビタミンEが含まれています。
このビタミンEは妊娠しやすい身体づくりに
欠かせない栄養素の一つです。

ビタミンEは生殖機能を維持する効果があり、
卵子が老化するのを防止したり
卵巣のアンチエイジングにも役立ちます。

晩婚化がすすんでいる現在、
妊娠・出産年齢も上がっています。

お肌が老化するのと同じように、
子宮や卵巣、卵子も老化してしまうのですね。

アーモンドに含まれるビタミンEは
その老化を防ぐ抗酸化作用があるので
生殖機能の衰えに効果があり、
自律神経やホルモンバランスを整えるのにも役立ちます。

ビタミンEは血行を促進するという効果もあるので、
女性に大敵の「冷え」にも効果があるのです。

またアーモンドに含まれる亜鉛はホルモンバランスを整えたり、
受精卵の細胞分裂を活性化させたりするのに役立ちますし、
亜鉛が不足していると貧血になりやすくなってしまうので、
貧血予防にも効果があります。

男性にとっても効果があり
精子の運動量の増加や質の向上にも効果があるので、
夫婦で協力して妊活するのにもオススメですね。

他にも、アーモンドに含まれる食物繊維はごぼうの2倍、
さつまいもの5倍とも言われていて、
便秘解消にとても役立ちます。

抗酸化作用のおかげでもちろん
お肌のアンチエイジングにも効果がありますよ。

一日に摂りたいビタミンEの摂取量は8mgです

ほかの食材にもビタミンEは入っていますが
アーモンドで摂取するとなると、
アーモンドの粒の大きさにもよりますが
だいたい20~25粒を目安にするのがいいでしょう。

ただ、たくさん摂ればいいわけではありません。
ビタミンEは脂溶性ビタミンなので
摂りすぎると肥満の原因になってしまいます。

チョコでコーティングされたお菓子もありますが、
妊活で摂るとなると、素焼きのものを選びたいですね。

そんなにたくさん食べられるか心配な方は、
アーモンドミルクを試してみるのもいいでしょう。

まとめ

不妊に悩む夫婦は少なくありません。
妊活、というと女性のほうが妊娠しやすい身体づくりをする、
というイメージを持っている人もいるかと思います。

ですが、妊活は夫婦の共同作業です。
アーモンドの栄養素であるビタミンEや亜鉛は
男性の生殖機能にもいい影響を及ぼします。

一緒に妊活するためにもアーモンドという同じ食材を食べて
夫婦で協力できるのもいいところではないでしょうか。

-食べ物のこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.