子育てのこと

赤ちゃんのアレルギー検査はいつから?おすすめは離乳食開始6か月前!

ご飯を食べる赤ちゃん

はじめて食べ物を食べるとき、アレルギー反応が起きないのかが心配ですよね。

今、食物アレルギーを持っている子供は10人に1人といわれています。
そんな赤ちゃんのアレルギーですが、
離乳食を始める前に検査しておけば対策をしっかりとることができますよ。

今回は赤ちゃんのアレルギー検査のタイミングやその方法などを紹介します。

アレルギー検査のタイミングは、離乳食開始6か月前!

注射を打つ赤ちゃん

赤ちゃんのアレルギー検査は、
離乳食を始める約6か月ごろに行うのがおすすめです。
離乳食を始める前に行うことで、
アレルギー反応が起きない食材を与えることができます。

アレルギーの検査は、小児科やアレルギー科で受けることができます。
もちろん、かかりつけ医でも問題ありませんよ。
一度相談してみましょう。

赤ちゃんのアレルギー検査は2種類の方法で行います。

一つは血液検査、もう一つは皮膚検査です。

血液検査は、注射針を赤ちゃんに刺して血液を採取し、アレルゲンの反応を確かめます。

皮膚検査は、皮膚にアレルゲンを1滴たらして皮膚の変化を見る方法です。

ほとんどのお医者さんは血液検査でアレルゲンを検査します。
検査を行い、アレルゲンが出れば「アレルギーかもしれない」ものを食べないようにしましょう。
アレルギー検査のあとは、
アレルゲンをどの程度なら採取しても問題がないかをチェックしていきます。

これはお医者さんにお願いしなければ、命に関わることなので絶対自分で行わないでくださいね。

アレルギーの症状ってどんなのがあるの?

離乳食

赤ちゃんの離乳食をはじめると「もしかしてアレルギー?」と疑う場面が増えてきます。
では、赤ちゃんにアレルギー反応があった場合、どんな症状があるのでしょうか?

食物の場合、アレルゲンを摂取した後30分以内に症状が出る場合が多いです。
くしゃみや鼻水、下痢、じんましん、顔の腫れなどの症状が起こります。
注意してほしいのは、口の中にかゆみが現れることです。
見た目ではわかりませんが、かゆみが口の中に現れるアレルギー症状があります。
食べた後、口を気にしていたり機嫌が悪い場合は要注意です。

アレルギー反応の中で一番気を付けたいのは、
ひどいじんましんが出てきたり、咳や呼吸困難を引き起こした時です。
もしかするとアナフィラキシーショックかもしれません。
アナフィラキシーショックのような反応が出た場合は、
すぐに救急車を呼んで病院へ行くようにしてくださいね。

まとめ

  • 赤ちゃんのアレルギー検査は約6か月頃に行うのがおすすめ
  • アレルギー検査方法は、血液検査と皮膚検査がある
  • 赤ちゃんの場合、症状を見ながらお医者さんが治療を行ってくれる場合が多い
  • アレルギー症状がひどい場合は急いで救急車を呼ぶこと

今回は赤ちゃんのアレルギー検査のタイミングなどについて紹介しました。
まだ生まれて間もない赤ちゃんがアレルギー反応によってツライ思いをするのは嫌ですよね。

アレルギー検査を行っておくと、離乳食も安心して与えられますよ。
赤ちゃんは血管から血液を採りにくいので断られることもあるようです。
アレルギーが心配な方は、まずはかかりつけの小児科へ相談してみましょう。

-子育てのこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.