趣味のこと

バーベキューを制する!コンロの片付け徹底解説!

バーベキューコンロ

この前ホームセンターで久しぶりに
会った友人(男)が何やら色々買いこんでいたんです。

聞いたところ
「今度家族でバーベキューするんだ」
と言っていました。

家族でバーベキュー、いいですよね。

アウトドアでお肉や野菜を焼いて食べるのは、
室内で食べる時とはまた違った楽しみがありますよね。

また家族でやればみんなでワイワイできてテンションも上がります。

当然片付けもしっかりするのがマナー。

ワイワイ楽しむのはいいですが、
その後の片付けの仕方もちゃんとわかっていますか?

そこまでできたら父親としてカッコイイです!

今回はバーベキュー後の
コンロの油汚れやその他の後片付け
に関して確認していきましょう。

バーベキューコンロの油汚れに効く!身近なあるモノでできる落とし方とは!?

アルミホイル

美味しいもの食べて、みんなでワイワイして、
何時間も話が盛り上がったり楽しいですよね。

でも最後に後片付けはしなくてはなりません。

まずはバーベキューコンロの油汚れについて。

レンタルするなら返却すればいいですが、
持参した場合はちゃんと汚れを落とさないと
衛生上良くないですよね。

ここで「アルミホイル」を使います。

やり方はとても簡単。

まだ隅に火がついている状態で
網にアルミホイルをかけます

ポイントは包み焼きするように
網をアルミホイルで包むこと
です。

そうしたらアルミホイルが飛ばないように
蓋などの重りを置いてしばらく待つだけ。

そうすると煙が出てくるのですが、
これは網についた油を焼き切ることで発生するものなんです。

これだけなので力は必要ありません。

しばらく待ってアルミホイルを取ると、
黒く焦げていた網が白くなります。

これは油が焼け切った証拠です。

この手順を踏めばゴシゴシこすらなくても
油汚れを落とすことができますよ。

 

またその他の場所に焦げがある場合にも
アルミホイルを使って掃除すればいいんです。

やり方はアルミホイルを丸めて
少しの水とともに軽くこするだけ。

これでコンロの焦げも落とせちゃうんです。

普段調理に使うアルミホイルが
バーベキューコンロの汚れ落としにも
役立つなんて、とっても便利!

炭の後始末は?正しいやり方教えます!

炭

さてここまで網の油汚れやコンロの
焦げへの対処の仕方を見てきました。

そしてもう1つ片付けなくてはいけないのが、
そう「炭」ですね。

当然ですが、そのままそこらに捨てたり、
放置したりまたは土に埋めるなどしてはいけません。

火災の危険があるし、炭は埋めても土に還らないからです。

ではどうすればいいのでしょうか?

まず気を付けて欲しいことは、
一度火がついた炭はなかなか
消えませんので片付けから逆算しておきましょう。

方法としては3つあります。

その1.火が消えるのを待つ

1つ目は「火が消えるのを待つ」こと。

これは時間がかかりますが
一番手間がかからない方法です。

その2.水で消す

2つ目は「水で消す」こと。

鉄製のバケツに水を入れたら1つずつ炭を入れていきます。

一度にたくさん炭を入れてしまうと、
熱い水蒸気が大量に発生してしまい
火傷の危険があるので注意してください。

その3.火消壺にいれる

3つ目は「火消壺に入れる」こと。

火消壺はホームセンターなどで売っています。

これなら壺に炭を入れて自然に火が
消えるのを待つだけです。

バーベキュー場によっては炭を
捨てて帰れるところもあります。

ですが、そうでない場合はちゃんと持ち帰って
それぞれの自治体の決まりにしたがって捨てましょう!

まとめ

バーベキューをする人は
自分たちだけではありません。

ちゃんと後片付けするという
マナーを守ることが大切です。

それに面倒な片付けをテキパキとできれば家族から
「パパなんでも知ってるんだね!」
ってきっと尊敬してもらえますよ。

バーベキューに行くときは食材だけでなく、
後片付けの準備もしっかりしてから行ってくださいね!

-趣味のこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.