趣味のこと

【本を読もう!秋だし!】だけど何を読めばいいの?毎年やってくるその悩み、今年で解決です★

読書の秋、という言葉は、
だれが言い出したのかわかりませんが
日本人に定着していますよね?

お正月におもちを食べるように、
桜が咲いたらお花見をするように、
秋が来ると本でも読もうかな?
となりませんか。

そしてそのあと
「普段、本なんて読まないから何を読めばいいのかわからない」
と悩むこともありますよね。

  • 漠然と本を読みたいと思うけどその後の行動は何をすればいいの?
  • ジャンルがいろいろあるけど、読みやすそうなのはどれだろう?
  • 活字は頭に入りずらい。

あなたは、こんな事考えませんか?

たしかに世の中に大量に本があふれています。

それらの本の中からとりあえず
自分が面白いと思う1冊を選ぼうというのは難しいものです。

そんな悩みの解決策を今日は紹介します。

マンガしか読まなかった私の趣味が読書になった3つの方法

「本はマンガぐらいしか読みません!」だった私が
「趣味は読書です」になった方法を紹介します!

その1.本屋ではなく、図書館へ行ってみる

お金を払って自分のものになってしまうと、
いつでも読めるから...と手に取ることを後回しにしがちです。

本棚にしまってしまったら最後、
次に手にとるのは来年の秋でしょう。

ですからまずは本と言えば本屋…
ではなく町の図書館に行きましょう。

最新のものは図書館では予約待ちになっていたりしますが、
少し古いものになるとすんなりと借りられます。

無料ですし、貸出期間も延長利用などすれば
地域によっては1か月近く借りられたりする
ので慌てる必要はありません。

どうしても期限までに読めなかったとしても
1度返却してまた借りればいいのです。

その2.たくさんジャンルはありますが、まずは小説から!

旅行記などを書いたノンフィクション、
事件や犯罪についてまとめたもの、
自伝、ビジネス書…という感じで、
漠然と【本】といってもいろいろあります。

まずは小説から読んでみましょう!

物語を読みながら、感動したり、怖がったり、
ムカついたり、キュンキュンしたり。

どういった感情であれ、
感情が揺さぶられるものは気持ちがハマりやすいのです。

必ず続きを読みたくなりますよ。

小説の中にもまたまたジャンルがたくさんありますが、
そこはその3.を見てください。

その3.大好きなドラマ・映画の原作本がないか探してみる!

原作があるドラマは面白いからドラマとして
制作されたわけなので、
その原作本は間違いなく面白いのです。

ハズレがありません。

そしてドラマを見てから本を読むと、
登場人物やいろいろな場面が頭の中で想像しやすいので、
文字が内容として理解しやすいのです。

例えばドラマ【半沢直樹】を見ていた人が
原作を読みでみたとします。

主人公の半沢直樹の会話文では
堺雅人さんが思い浮かびますよね。

場所は銀行内の融資課の窓口。

自営業でもやってない限り実際に行く機会はありません。

でも、実際の場所に行ったことがなくても
ドラマで出てきた場面が頭の中に思い浮かぶのです。

頭の中にイメージが浮かばないと読むのがつらくなりますが、
イメージできるとどんどん読み進めることができます。

有名ドラマは他にも

  • 【ガリレオ】福山雅治主演・・・東野圭吾「ガリレオシリーズ」
  • 【下町ロケット】阿部寛主演・・・池井戸潤「下町ロケット」
  • 【西郷どん!】鈴木亮平主演・・・林真理子「西郷どん!」

などがあります。

中には原作と少し変わって
ドラマ化されているものもありますが、
受け入れやすさには問題ありません。

まとめ

 

  • 市立図書館を利用する。
  • 小説に的をしぼる。
  • 見たことのある大好きなドラマ・映画の原作本を探す。

当たり前ですが本は大量に存在します。

どれでも好きなものを読めばいいのですが、
なにごとにも初めての事をするときに、

”とっかかり”は何をどうすればいいのかわからないものです。

忙しい人にはなおさら、それを考える時間もありません。

どんな本を読めばいいのか、
途中で放棄せずに最後まで読み終えることができる本はないのか。

と悩んでいるあなた、ぜひこの方法を実践してみてください★

-趣味のこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.