食べ物のこと

カフェインで呼吸を楽に!?中毒にならない量はコーヒー何杯ぐらい?

家事の合間の休憩や、
仕事や勉強で集中するときに
コーヒーを飲む人は多いのではないでしょうか。

気分転換に、頭をスッキリしたいから、
好きだから…理由は様々だと思います。

わたしは朝の目覚めの一杯にコーヒーを飲みます。
ですが、たまに胃がムカムカすることがあり調べたところ、
コーヒーのカフェインによるものだということがわかりました。

コーヒーだけではなく紅茶や緑茶、
エナジードリンクなどの清涼飲料水にも含まれるカフェイン。

カフェインは摂取しすぎると
カフェイン中毒になる危険があるのです。

こんなにあるの!?カフェイン中毒の主な症状とは!?

カフェイン中毒の主な症状をいくつかあげてみます。

・気持ちが不安定になる

なんとなくソワソワして落ち着きがなく
不安な気持ちになる。
気持ちが覚醒してハイテンションになったり
精神症状が不安定になる。

・動悸やめまいが起こる

心臓がドキドキしたり心拍数が上がる。
血圧が上がったりめまいが起こったりする。

 

他にも、

・胃が痛くなったり吐き気や下痢を引き起こす

・頭痛がする

・眠れなくなる

などがあげられます。

 

カフェインには心臓の収縮力を高める
強心作用があるので、
コーヒーを飲んだ後に
動悸がしたりするのはこのためです。

胃痛や吐き気をもよおす原因は、
カフェインには胃酸の分泌を促進する作用があり、
空腹時などにコーヒーを飲むと
分泌された胃酸によって胃の粘膜を傷つけたりします。

それによって胃にダメージを与えてしまい、
胃痛の原因になります。

頭痛がする原因は、
カフェインには血管を収縮する働きがあるためです。

頭痛は大きく分けて
片頭痛と緊張型頭痛の二つに分けられますが、
血管が拡張して起こる片頭痛には
カフェインは有効です。

ですが、緊張型頭痛は
逆に血行が悪くなり頭痛を促進してしまいます。

コーヒーを夜飲むと眠れなくなるという話はよく聞きますが、
これもカフェインによるものです。

脳内にはアデノシン受容体があり、
睡眠物質のアデノシンと合体することで眠気をもたらします。

カフェインはその睡眠物質のアデノシンの働きを妨げます
そうすると、興奮物質である
アドレナリンやドーパミンなどの働きが活発になり
眠れなくなるという仕組みです。

 

ではカフェイン中毒にならない程度のコーヒーは
何倍くらいなのでしょうか。

欧州食品安全機構が
健康な成人が摂取しても安全とみなした
カフェインの量として提示した数値は

「成人は一日に5.7mg/kgまで。
体重60kgの人の場合は1日342mgまで」

としています。

ドリップタイプのコーヒー100mlに
含まれるカフェインの量は
一杯およそ90mgです。

そうすると、体重60kgの人が
ドリップタイプのコーヒー100mlを安全に飲むには
1日4杯弱、ということになります。

コーヒーが好きでたくさん飲む人は
カフェインレスのものを選ぶのもひとつの手ですね。

コーヒーだけじゃない!煎茶やココアにもカフェインが?含有量をチェック!

ここでコーヒーだけではなく、
さまざまな飲み物に含まれる
カフェインの含有量をあげておきます。

≪飲み物の種類≫ ≪100mlに含まれる

カフェインの量≫

コーヒー(ドリップタイプ) 90 mg
玉露 120 mg
栄養ドリンク 50 mg
抹茶 30 mg
コーラ 10 mg
ココア 30 mg
紅茶 20 mg
緑茶 20 mg
ウーロン茶 20 mg
玄米茶 10mg

このように、コーヒーだけでなく
様々な飲み物にカフェインが含まれているのがわかります。

コーヒーじゃないから大丈夫、
ということではなく気を付けていきたいですね。

まとめ

コーヒーが大好きな人は
1日に何倍も飲んでしまいます。

そのため胃に不快感を覚えたり
慢性的な不眠になったりする人も少なくありません。

ですが、コーヒーなどに含まれるカフェインには
頭をスッキリさせたり
気管支を拡張させたりという効果もあります。

カフェインと上手に付き合って
体に負担をなくしていきたいものですね。

-食べ物のこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.