お金のこと

お金がたまらなくって将来が不安…家計簿をつけることから始めよう!

お金がたまらない
いつもお金に振り回されて一喜一憂…
貯金して将来に備えたいのになぜか貯まらない…。

そんな漠然とした不安に悩まされている方も
多くいるのではないでしょうか?

そんな方に簡単、そして上手に貯蓄をするための
コツをご紹介します!

まずは、家計簿をつけることから始めてみましょう!

まずは家計簿をつけて貯蓄のスタートラインに立とう!

貯蓄をするためのスタートラインに立つために
最低限必要なのは、家計簿をつけることです。

面倒くさいと敬遠しがちですが、
ここを通らずに貯蓄はムリといってもいいでしょう。

家計簿をつけること、それは、
『現在地を知る』ことになります。

目的地にたどり着くには現在地を知らなければ、
着くことが出来ないように、
家計簿をつけて支出を明確にしなければ、
貯蓄は難しいのです。

家計簿をつけるといっても、
毎日、何年もつける必要はありませんし、
ノートにわざわざ書く必要もありません。

食費、日用品費、光熱費など、
項目別にレシートをファイリングする、
すべての支出をクレジットカードにして、
明細で支出をみる、
アプリを活用するなど、
支出を知る方法は様々あります。

そしてそれを3ヶ月程度続けるようにしてみましょう。

記録をつけるだけで、
ある程度の節約に対する意識は自然と高まりますし、
そして何より自分が何にお金を使っているかが明確になるのです。

大切なのは、家計簿をつけることで、
今、どのくらいのお金を使っていて、
どのように今後貯めていくかを決め、
お金に対する意識を高めるということです。

家計簿から余剰がわかったら先に積み立てを!

家計簿をつければ、月にいくら必要で
いくら余るのかが自然と明確になっていきます。

いくら貯金に回すことができるのかがわかったところで、
先に積立てをしていくことをオススメします!

人は手元にある金額が増えると、
その分、自由に使える金額が増えると
錯覚をおこしてしまいがちですが、
収入と支出が大きく変化しないうちは、
それは錯覚でしかありません。

その心理的側面を逆手にとり、
先に手元に残す金額を決め、
残りは貯蓄することがとても大切です。

この金額があれば安心できるという額は人それぞれ違いがあり、
自分がいくら手元にあれば安心できると思えるのか知ることで、
お金に対する価値観、恐怖心のようなものもわかるのです。

また、余ったものを貯蓄に回す、では計画性がありません

計画性があるということは単に貯蓄額に影響するだけでなく、
モチベーションを失わずに済む、ということでもあります。

モチベーションを失った計画性のない貯蓄では、
何ヵ月かおきに、
「あれ、思ったより貯まっていない」
→「なぜかわからない」
→「見直してみる」
という無限ループにはまってしまいます。

たしかに、ご自身で、
お金を仕分けし移動させるのはとても面倒ですが、
貯金額を決め、天引き積み立て口座を利用すれば、
自然と積み立てていくことができますし、
総合口座を利用して、定期預金、貯蓄預金を
一つの口座でまかなうことも可能です。

そして毎月決まった額の積み立てをすることは、
単に貯金が増えるだけではありません。
銀行への信頼を積み立てることにもなります

お金を借りることはないから、
積み立てる必要がないと思う方もいるかもしれませんが、
本当にそうでしょうか?

家庭があれば住宅ローン、お子様がいれば学資ローン、
事業をおこすことになれば、
事業資金を借りることになるかもしれません。

銀行への信頼を積み立てることは
あらゆる人生の岐路においてとても大切なことです

まとめ

貯蓄は一朝一夕で、わかるものではありません。
数ヶ月、年単位にまでおよびます。

だからこそ、疎かになりがちで、特に考えていない、
なんとなく済ましている方が多くいます。

しかし、少しの知識と計画性をもって取り組めば、
確実に貯めることが可能です。

またお金と向き合うことで、
なんとなくお金がないから出来ないと思っていたことが、
実はそうではなかったり、
些細な出費だからと気にしていなかったものがムダであったり、
自身の生活がはっきり見えてくるのです。

単に節約する、収入を増やすなどの
収支にフォーカスするのではなく、
お金の使い方を考えるということがもっとも大切で、
もっとも見えにくいことなのではないでしょうか。

-お金のこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.