お金のこと

車のリース、本当に月々一万円だけ?これだけは契約前にチェック!

カーリースは自動車を持つときの一つの方法です。

最近では自動車会社や信販会社が力を入れていることもあり、
以前よりも注目され、人気が上がっています。

 

カーリースの特徴は、自動車を購入するときにかかる

車両取得時の「税金」「手数料」「頭金」、

維持をするのに必要な「自動車税」「自賠責保険」「車検」

などの費用がほとんどリース料に含まれていることです。

 

月々の支払いはリース料のほかに

ガソリン代と任意保険を考えておけばいいということですね。

 

それでは契約するときに注意することや、

カーリースのメリットデメリットをご紹介していきます。

 

車のリースは本当にお得なのか?メリット・デメリットは!?

カーリースの一番のメリットといえば、先ほどもあげましたが

「月々のコスト管理がしやすい」

ということではないでしょうか。

 

自動車を購入する際には自動車本体の購入費用だけでなく、

自動車税、重量税、自賠責保険料、各種登録費用なども

支払わなければなりません。

 

また2年に一度の車検の時にはまとまったお金が必要になります。

カーリースではそれらの費用が含まれており、
毎月一定の金額を支払うので

大きな出費に悩まされることはありません。

 

カーリースの話題でよく耳にする「残価」ですが、
これはリースが満了した時の自動車の価値のことです。

この残価はリース料に含まれません。

要するにリース契約は自動車の全額を支払っているわけではないので

ローンなどに比べて月々の支払額を安くできというわけです

 

カーリースで自動車に乗る場合、所有者は「リース会社」、
使用者は「リース料金を支払って乗っている人」になります。

 

所有者がリース会社なので、車検や法定点検、
オイル交換などのメンテナンスを任せることが可能です

またリース契約内容によっては、
タイヤ交換やバッテリー交換もお願いできることがあります。

 

日々のメンテナンスを任せられるというところでは、

安全性が維持しやすいので、女性や老人にはありがたいですね。

 

一方、カーリースのデメリット

契約終了時に自動車をリース会社に返却する

点です。

 

その際に、残価を車両で清算するのが一般的になっていますが、

車体の傷や汚れなどで車両売却価格が残価に満たない場合は

不足分を支払う必要があります。

 

そのかわり、リースした自動車が気に入った場合は

契約を延長したり買い上げたりすることも可能です。

 

カーリースは一般的に、
その自動車で走行する距離の上限を
契約時に設定します。

上限の距離を短くしておいたほうがリース料安くならです

 

ただ、あらかじめ走行距離が決められているので

多く走った場合は差額を支払う必要があります。

 

また、リースしている自動車をドレスアップしたり改造したりした場合、

リース期間が満了して返却する際に、元に戻さなくてはいけません。

そのため、ドレスアップや改造をしたいという人に

カーリースは不向きといえます。

 

他にも、たとえばリースした自動車がツーシーターで、

家族が増え乗車人数が合わなくなり乗れなくなったとき

万が一大きな事故で自動車が全損になってしまったなど

諸事情で途中解約になった場は、

支払っていないリース料や残価などを
まとめて支払わなければなりません。

この場合はまとまったお金が必要になりますね。

 

一般的に、リース料の金利は銀行系の金利より高く設定されています。

リースで乗っていたけど気に入ったので買い取りたいといった場合は、
銀行系のローンより高くつく場合があるので注意が必要です。

車のリースのトラブル…マイカー維持費より違約金のが高いことも!

自動車のリース契約時に注意しておかなければならないことは

  • リース契約期間
  • 頭金の有無、有る場合は金額
  • 月々にかかるリース料金
  • メンテナンス費用
  • 最初の契約で決められている走行距離
  • 途中解約時のペナルティ(違約金など)
  • 事故等による自動車損傷によるペナルティ
  • 契約満了後の費用発生の有無
  • 契約満了時の車両の査定方法および残価の清算方法

などです。

これらをよく確認しておかないと後々のトラブルになりかねません。

 

「月々〇〇円で新車が乗れる!」と、各自動車リース会社は宣伝していますが、

宣伝ではリース費用を少なく見せるため

走行距離が短い場合の金額を記載していることもあるので、

よく確認しておくことをオススメします

 

また、途中解約などの際にかかる違約金もよく確認しておかないと

思いのほかお金がかかってしまうこともあります。

まとめ

まとまった資金はないけどワンランク上の自動車に乗りたい人や、

税金や車検など一時的な出費が負担になる人

カーリースが向いています

カーリースのメリット・デメリットをよく確認して、
自分の生活スタイルや
ライフプランに合わせ、
上手に自動車を選びたいですね。

-お金のこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.