子育てのこと

子育て中の転職は難しい!成功のコツは過去の欠勤・早退を伝えること

履歴書

子育て中のママが正社員で就職や転職できるか…
はっきりいってしまうと、難しいです。

パートや非正規社員なら可能性はあります。
しかし正社員のフルタイム、とっても厳しいです。
これは就職する側と採用する側、どちらの立場にもなった私の意見です。

子育て中に正社員として就職・転職するのは難しい!

悩むスーツの女性

これは採用側からの勝手な意見なのですが、何人か応募者がいて、
その中の1人が子育て中のママだと、まずは敬遠してしまいます。

理由はいくつかあれど、
やはり1番は急な欠勤、早退の可能性があげられるでしょう。

応募者のすべてが子育て中のママなら別ですが、他に選べる状態であれば、
欠勤や早退の可能性が少ない独身の方や
子育てが終了している応募者を選んでしまいます。

このような背景があり、面接にすら進めないことも多いはずです。
理不尽な気もしますが、採用側だって毎日たくさんの履歴書を見ます。

他に違いがなければ、わかりやすい部分に落選基準を作って選考してしまします。
もし入社後に欠勤や早退が多いと、採用担当も少しだけ肩身が狭くなってしまいますから…

それでも就職・転職活動をするなら、欠勤・早退日数を具体的に!

職務経歴書

それでももし正社員で就職・転職したいなら。ここからは転職経験者からの意見です。

とにかく採用側が一番懸念している
欠勤、早退の不安を解消することがポイント!

近所に頼れる親族、友人がいるならその旨をエントリーシートや
履歴書に書くなどして応募の段階でアピールしてください。

また、転職であれば今努めている会社での現状も添えるとわかりやすいと思います。
仮に核家族で、やむなく欠勤や早退がある場合でも、正直に書きましょう。
たとえば、子供の熱の為、昨年1年で〇日欠勤、〇日早退などを書いておくといいでしょう。

実際私も面接まで進んだ会社のうち数社から、
具体的に昨年の欠勤日数や早退日数が書いてあってわかりやすかったといわれました。
そしてその中の1社から無事に内定をいただきましたよ。

まとめ

  • 子育て中の就職・転職はやっぱり厳しい
  • でも現状をしっかり伝えることで、理解が生まれることもある
  • 子育て中のママの強みもしっかりアピールしよう

ちょっと悲観的に進みましたが良く考えてください。
家庭の財布のひもを握っているママの意見や経験をまったく必要としない企業などないでしょう。
ママとしての経験、これは得難いスキルです。

これらをしっかりアピールするとともに、具体的な過去の欠勤・早退日数も忘れずに伝えましょう!

-子育てのこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.