美容のこと

洗顔は泡立てた方がいい?毛穴が目立たなくなる洗顔方法を伝授!

顔を拭く女性

ドラッグストアなどにずらりと並ぶ洗顔料。

固体、液体、ペースト状、粉、泡で出てくるもの…
今ではさまざまなタイプの洗顔料があります。

また「黒ずみ毛穴に!」「透明感のある素肌に」など
キャッチコピーもさまざまで
選ぶのに一苦労しそうなほどたくさんありますね。

最近では男性用の基礎化粧品もたくさん売られていて、
男女問わずスキンケアへの意識が高まっているようです。

お肌で一番気になるのはやはり「毛穴」ではないでしょうか

毛穴が開いている、黒ずんでいる、
角栓が目立つ、化粧落ちしてしまう…

そんな毛穴の悩みですが、
正しい洗顔方法で解決できちゃうます!

すぐに実践出来る!毛穴が目立たなくなる洗顔の仕方とNGな行為!

顔を洗う女性

洗顔料はいろいろなタイプのものが売られていますが、
どれもよく泡立てるのが基本中の基本です。

まずはぬるま湯で顔を洗い、
顔についている汚れを落としておきます。

メイクをしている場合は
メイクを先に落としておきましょう。

洗顔料をよく泡立てるのには理由があります。

毛穴の奥まで細かい泡になった洗顔料が
行き届くようにするためです。

そして顔と手のひらの間に泡があるように意識します。

この時手のひらで顔をゴシゴシ擦らないこと

気になる部分はよくゴシゴシしたくなるのですが、
そういう場所ほどなおさら、細かくクリーミーな泡で
優しく洗うことをおすすめします。

泡を落とすときは洗顔料が顔に残らないように
よくぬるま湯で洗い流しましょう。

中には洗顔ブラシを使う人もいるかもしれません。

洗顔ブラシは毛足が長くやわらかい毛で作られていますが、
こちらもゴシゴシするのはNGです。

必ず接するお肌とブラシの間には
モコモコの泡があるようにすることを忘れずに。

顔の水分をふき取るときもゴシゴシ擦らずに
優しく押さえぶきをしましょう

清潔なタオルを使うことは言わずもがなですね。

洗顔方法で肌が変わる!?パウダー洗顔の上手な泡立て方は!?

泡 洗顔

数々の洗顔料の中で泡立てるのが
難しいとされているのがパウダーの洗顔料です。

ですが、パウダーの洗顔料は酵素入りのものもあり、
毛穴に悩んでいる人に向いているものが多く販売されています。

ではパウダーの洗顔料は
どのようにして泡立てていくのがいいのでしょうか。

まず利き手と逆の手のひらに適量の洗顔料を出します。

そのあと数滴の水を加えて混ぜていくと
少しずつペースト状になっていきます。

ペースト状になったら利き手と逆の手のひらを
少しくぼませて少しずつ水を加えて
利き手で泡立てていきましょう。

この時に空気を含ませるようにして泡立るのがポイントです。

ポイントは
「数滴の水を少しずつ足しながら根気良く泡立てる」
ことです。

時間はかかりますが満足できるような泡が出来上がりますよ。

そんなに時間がない!という方は、
ドラッグストアや百均などで泡立てネットが売っています。

手で泡立てるより、時間が短くて済むのでとても便利ですよ。

そもそも毛穴ってどんな役割をしているの??

疑問 女性

そもそも毛穴はどんな役割をしているのでしょうか。

暑さ寒さから体を守るための体温調節のほかに、
お肌に適度な潤いを保ち、細菌やほこり、
紫外線などの外敵や乾燥からお肌を守るために
皮脂腺から皮脂が分泌されています。

しかし、食生活の乱れや乾燥、
ホルモンバランスの乱れやストレスなどによって
皮脂分泌のバランスが崩れたりすると

毛穴が開きやすくなり古い角質や皮脂、
ほこりなどの汚れが詰まりやすくなります

そうすると毛穴が目立ちやすくなり
ニキビや肌荒れの素にもなってしまうのです

生きているうえで必要な毛穴ですが、
出来れば目立ってほしくないですよね(笑)

まとめ

一度や二度の洗顔では変化が見られないかもしれませんが、
千里の道も一歩から。

毎日の洗顔を意識してモコモコの泡で洗うことで、
洗顔後の基礎化粧品のお肌への浸透が良くなったり、
お化粧のノリが良くなったり、違いを感じられるはずです。

自分に合った洗顔料を選ぶことも大切ですが、
日々の生活スタイルもあわせて
見直していきたいところですね。

-美容のこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.