食べ物のこと

コーヒーの淹れ方はさまざま!味の違いを出せるテクニックとは!?

コーヒーとコーヒー豆

休日の朝、淹れたての美味しいコーヒー
ゆっくり時間を過ごすと心も体も癒されますよね。

美味しいカフェはたくさんありますが、
コーヒーが好きになるにつれ
「家でも美味しいコーヒーが飲みたい」
と思う方が多くおられます。

実は淹れ方次第で自分好みのコーヒーが
淹れられるのをご存じでしたか?

この記事では、ペーパードリップで味の違いを
出せるテクニックとポイントについてご紹介いたします。

ペーパードリップのでおいしくコーヒーを淹れる方法は!?

ペーパードリップ

家でコーヒーを淹れる場合に
オーソドックスなのがペーパードリップです。

必要なもの

  • ペーパーフィルター
  • ドリッパー
  • ドリップポット(注ぎ口が細いもの)

では、コーヒーの淹れ方です。

フィルターに粉を入れたら、表面を平らにしましょう。
少量のお湯を粉の真ん中に少しずつ注ぎます。
この時、直接フィルターにお湯が
かからないよう注意してください。

蒸らします。
お湯が粉全体に行き渡ったら
20秒ほど蒸らしましょう。

蒸らし始めると、粉の表面が膨らみ始めます。
この膨らみはガスが抜けている証拠で、
膨らみが大きいと新鮮な証拠です。

その後、コーヒーがカップに
ポタポタ落ち始めたらOKです。

「の」の字を描くようにお湯を注いでいきます。
この時もフィルターには直接お湯を
かけずに、粉にのみ注ぎましょう。

そして一気にお湯を注がずに、減ったら足す、
減ったら足すを3回くらいを繰り返します。

以上が基本の淹れ方です。

あさっりした味わいにしたいならスピーディにお湯を注ぎ、
濃い味わいにしたい時はゆっくり注ぐとよいでしょう。

コーヒーの淹れ方の基本は豆の分量に対しての水分量にある!

コーヒー粉と測り

あなたはコーヒーを淹れる際、豆または粉、
そしてお湯の量を測っておられますか?

きっと「測ってない」方が多いと思います。
でもコーヒーの味は粉とお湯の量でも変わるんです!

同じコーヒー豆を使っていても、
それぞれの量の違いで味も変化します。

ですから、量を測ることは美味しい
コーヒーを飲むために必要な事なんですね。

美味しいコーヒーを淹れるために
「1杯分に対して豆が10g湯量が150ml」
を測ってみてはいかがでしょうか。

もちろん、豆の特徴によって違いがありますので
「もう少し濃いめがいい」
「こちらは豆を少なくしてみよう」
などご自分の好みのコーヒーに
調整することも可能です。

美味しいコーヒーの淹れ方最大のポイントは温度にあった!?

ケトル

実は美味しいコーヒーを入れるには
「温度」がとても大切だということを
ご存じのでしたか?

お湯の適温は92〜96℃です。

だいたいお湯を沸騰させてから
1分程待つと95℃まで下がりますよ。

忘れてはいけない点ですが、
使用する器具やカップが冷たいと
すぐにお湯の温度も変化してしまうので、
器具も温めておきましょう。

では、なぜお湯の温度が
それほど大切なのでしょうか。

コーヒーには酸味と苦味がの成分があり、
はじめに酸味成分が抽出され、
その後に苦味成分が抽出されます。

お湯の温度が高ければ味が出やすくなり
苦味が出ますが、反対に温度が低いと
味の成分が出にくくなって酸味が強くなります。

簡単にいうとお湯の温度が低いと
酸味が強くなり、温度が高いと
苦くなるんですね。

酸味と苦味のバランスを保つためにも
お湯の温度は大切なんです。

まとめ

コーヒーは入れ方お湯の量
お湯の温度によっても味が変化します。

他にも豆の挽き方によっても、
どんな器具を使うかによっても
変わってきます。

ですから、上手な入れ方、豆の特徴を理解し、
お湯の温度を調整したり量を変える事で
自分好みのコーヒーを入れることも可能です。

もしお好きなカフェがあるなら、
コーヒーの淹れ方を観察し、
ご自宅で試してみてはいかがでしょうか?

プロが淹れてるかのような美味しいコーヒーで
朝のひと時を過ごせるでしょう。

-食べ物のこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.