家事のこと

断捨離したいけど服が減らない!思い切りがつく方法とは!?

たくさんな洋服

物を整理する時にまず目につくのが
洋服でいっぱいになったクローゼット。

整理しようにもまだ着るかもしれない、
もったいないなどと考えてしまいますよね。

また、何から手をつけたらいいのかなどもあり
結局諦めてしまったり…

断捨離で洋服を捨てる時のポイントは、

  • ときめき
  • 基準
  • 似ている
  • サイズ

これら4つです。

洋服の断捨離をする4つのポイントとは!?

断捨離

その1.ときめかない服は捨てる

『人生がときめく片付けの魔法』でおなじみの
近藤麻理恵さん流の選別方法です。

服をひとつずつ手に取って
ときめくかどうか確認して選びます。

ときめかない服はもうただのタンスの場所取りです。

その2.捨てる基準をはっきりと決めることが重要

たとえば、
1年着ていないものは捨てるなど基準を決めましょう。

この服はいつ着たかとひとつずつ思い出してみてください。

少なくとも
2年も着ていない服は今後不要な可能性が高いです。

2年も袖を通さなかったものを、
いきなりたくさん着ようとなることはありません。

その3.同じような服は捨てる

女性の場合襟元が少し違うとか、丈の長さが違うとかで
似たような服を何着も持っていますよね。

私もそうです。

使いまわしのしやすい服だとなおさら
多く持っていたりしますよね。

ですが、同じようなものを何枚も
持っている必要はありません。

困りませんので、潔く捨てましょう。

その4.サイズの合わない服はすぐ捨てる

今は履けないけど、いつか痩せたら…
などと考えて取っとくことはやめましょうね。

相当な覚悟がない限りそんな日はきません。

もしそんな日がきても、
今度は新しい物でおしゃれしたいと考えるものです。

ですので、今いらない・着られないものは捨てましょう。

さあ断捨離!服の枚数はどのくらい?女性のベストな数は?

洋服タンス

女性は一般的に、
100~300着も服を持っているのだそうです。

すごい数ですよね。

1シーズン25着という計算になるのです。

実際に数えてみたことはありませんが、
私もそのくらいあったかも…

こんなに持っていると把握しきれないですよね。

もちろんまったく着ない洋服もでてきます。

そしてタンスの中にも入り切りません…

人間の管理することができる洋服の数は、
100着が限界といわれています。

ですので、目安としては最大で100着残す
というふうにしましょう。

そしておしゃれや着回しも可能な最小の数は、
1シーズン10着としてすべて合わせて40着です。

着回しのしやすい服があれば難しい数ではありません。

そのため、断捨離をして残しておく洋服の数は
40~100着を目安
にしましょう。

やっと断捨離出来た服!いらなくなった物の処分方法は?

服と電卓とお金

いざ断捨離をすると、不要な服はたくさん出てきます。

それをすべて捨ててしまうのはもったいないと感じますよね。

とくにブランドの服であったりするとなおさらです。

まずブランドの服や
まだ数回しか袖を通していない綺麗な服は売りましょう。

リサイクルショップに持って行くと
ブランドの服なら値段がつきます。

安いブランドでもお店の名前やブランドの名前が
タグなどに入っていれば値段をつけてくれますよ。

もちろん買ったときの1/10くらいになりますが、
ただ捨ててしまうよりはいいですよね。

しまむらやイオンなどで購入した服ですと、
お店にもよりますが値段がつかないことが多いです。

値段がつく場合は、重さで値段が決まります。

査定はどこも無料でやってくれます。

なので少しでも高く売りたい場合は、
リサイクルショップを数件回ってみましょう!

ただ、季節に合った服でないと買い取ってもらえなかったり、
値段をつけてもらえなかったりします。

リサイクルショップに
持って行く時期に気を付けましょう。

 

リサイクルショップを探すのや、
行くことが面倒だなと感じる人は、
フリマアプリを活用しましょう!

メルカリやラクマなどたくさんあるので、
あなたに合ったアプリを使ってください!

ちなみに、私はメルカリを使っています。

使い方はとっても簡単!

売りたいものの写真を撮って、値段を決めて
情報を少し書くだけで出品できます。

60代の私の母ですら出品して売ることができたので、
操作は本当に簡単です。

 

季節に合ったもののほうが売れやすいですが、
出品はいつでもできるので、
一気に出品することもできます。

メルカリですと、コンビニから送ることもできますし、
お互いの名前や住所を明かすことなく
取引することができる
ので安心です。

売ることができない汚れている服や傷のついた服などは、
小さめに切って雑巾として使っていますよ。

年末の大掃除や普段のちょっとした床拭き
などに使うことができて便利です。

もともと捨てようとしていたものですし、
1回使ったらそのまま捨ててしまえばいいので
雑巾をわざわざ洗う手間もなくなります。

かなり汚いところの掃除でも使い切りなので
躊躇なく使うことができます。

まとめ

1度は自分がいいと思って購入した洋服は、
捨てるのはもったいないと思ってしまいますよね。

でも、思い切って断捨離して
部屋やタンスをすっきりさせましょう!

売ればお小遣い稼ぎもできます。

部屋がすっきりして少し収入も入って一石二鳥です!

-家事のこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.