ダイエットのこと

和食はダイエットの味方!?キーワードは小鉢に薄味

和食

ダイエットで「食事制限」は、避けて通れません。

運動はもちろん大切です。

ですが、運動だけで痩せるのは
かなりハードモードになります。

かといって極端に量を減らしたり、
大幅にカロリーダウンするのもおすすめしません。

だって、そんな食事を一生続けられますか?

少なくとも私は無理です。

アナタはどうですか?

「ワタシはデキル!意思力あるから!」
そうですか?

でも多くのチャレンジャーが
「リバウンド」という強敵の前に破れ去りました。

ダイエットは、ストレスとの戦いでもあります

苦労して目標体重まで落とした、そのストレスからの解放です。

ダイエットが厳しいほどストレスも強い。

そのダイエット後に、節制した食事ができますか?

リバウンドしない方が不思議なくらいです。

食事制限は必要ですが、
過度な制限は長期的に見るとリスクが高すぎる…

じゃあ、どうすれば?

その答えは、和食です!

ダイエットに和食!?小鉢でゆっくり食べると満足感アップ!

小鉢

和食の中でも、小鉢で品数の多いものを想像してください。

品数多く満足度が高くありませんか?

先々月に食事会があり、親戚たちと食事をしてきました。

食事したところは、仕出し料理店。

それほど高くなくて、私一人でも行けるレベルです。

そこでの食事は、色々な料理が一品ずつでてきます。

小鉢、というほど小さな皿ではないですが、
小ぶりな食器で、のっている量も少ないです。

それが5品くらいくるのですが、
意外とお腹いっぱいになります。

合計の量が多いから?

いや、それが大したことはないんです。

グラム数は分からないので感覚頼りですが、
全部一口二口で終わるので多分間違っていません。

最後の締めにご飯と汁物が来ますが、その前に満足しています。

恐らく時間をかけ、ゆっくりと食べることで、
一種の錯覚状態になるのでは?と考えてます。

これ、ダイエットでも使えそう!

一皿ごとに甘味、辛味、塩味、酸味…
と味を変えれば食事自体が楽しくなります。

あえて料理ごとに小鉢に盛り付ければ、
単純に量も減らせます。

あと、手間はかかりますが、一度にテーブルに並べずに、
都度料理を運べば体を動かす時間も増えますよ。

どうせ手間がかかるなら、いっそゆっくりと、
よく噛んで食べれば、それもプラスに働きます。

はっきりいって手間はかなり増します。
でも、それだけの価値もある。

「和食」と言いましたが、ネットでレシピを探して、
自分なりのアレンジを加えてもOKです。

和食はあくまでベース。

他人に振る舞う訳ではないので、
自分にとって美味しい料理を作りましょう。

薄味は苦手ですか?やっぱりダイエットは薄味

塩と醤油

私は自他ともに認める濃厚味好きでした。

そう、「でした」なんです。
たまご焼きだと、皿に醤油の池が毎回できてました。

そんな私が結構な病気で入院。

最初の10日くらいは病院内どころか、
ベッドを一人で下りることすら禁止です。

食事はおかゆ系(正確にはペースト食)。

工夫して調理しているのは分かりましたが、
はっきりいって、不味い(すみません…)。

それでも回復とともに食事もレベルアップして、
最終的には普通の食事と変わりないものに。

しかし、当然薄味で、調味料も最低限度しかもらえません。
じゃあ不味い?と思いきや、意外と美味しいんですよね。

回復してきても病気が病気だったので、
リハビリ以外は階から移動できませんでした。

なので食事は数少ない楽しみだったのもありますが、
それを差し引いても美味しい。

薄味は自分には合わない、
と思い込んでいただけて、薄味だって充分にいけます。

「自分に薄味は…」と感じてるアナタ。

ゆっくりと、味わってみてください。

新たなアナタに会えるかもしれませんよ!

まとめ

ダイエットに食事制限は必要ですが、
過度なものは逆効果(リバウンド)を起こしてしまいます。

そこで和食です。

小鉢ごとに料理を作れば、
少量でも十分に満足できる食事になります

とはいえ和食はあくまでベースです。

アレンジでアナタ好みにしちゃいましょう!

試しに薄味にしてみるのもいいですね。

食わず嫌いせずに試してみよう!

 

-ダイエットのこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.