ペットのこと

どうして?!犬が玄関チャイムに吠える!その理由としつけ方法とは?

口を開ける犬

来客の際になるチャイム。

そのチャイムの音で吠え始めるワンちゃんはたくさんいます。

我が家の番犬パピヨンも、
チャイムが鳴るたびに吠えていました。

あなたのワンちゃんはどうですか?

 

犬が吠えるのは仕事ですが、
どうしてチャイムの音に過敏に反応するのでしょうか。

大まかにいえば
「自分のテリトリーに何かが侵入してきた」
ということになるのです。

ただうれしくて吠えるのか警戒して吠えるのか、
理由はさまざまです。

犬の心理を理解してあげることで、
出来るだけ吠えないようにトレーニングすることも
可能なのでご紹介していきますね。

まず犬の心理を知ろう!チャイムに吠える驚きの理由とは?

犬

なぜチャイムの音に敏感に反応して吠えるのでしょうか。

それは、チャイムが鳴ると自分のテリトリーに
何かがやってくるということを犬が学習しているからです。

チャイムが鳴ると知らない人が
自分のテリトリーに入ってくるというように
学習している犬は恐怖心から吠えます。

恐怖心から吠える犬は、
自分の家の人間以外に慣れていないことが多いです。

 

また、自分のテリトリーに知らない人が入ってくると、
警戒心から吠える犬もいます。

縄張り意識が強い場合は、
家族との主従関係がうまく築かれていない場合も…

 

人が好きな犬は、チャイムが鳴ると誰かが来るから
うれしいという気持ちになり、
うれしさのあまり吠えてしまいます。

歓迎してくれる気持ちはありがたいのですが、
テンションが上がりすぎて気持ちが抑えられなくなると
おもらししてしまう犬も中にはいます。

チャイムが鳴った時にどのような心理で
吠えているのかよく観察する必要がありますね。

どうにかしたい!犬が吠えるのを抑える便利なしつけグッズを紹介!

ゲージの中の犬

あまりに過剰な反応で吠えてしまう場合、
トレーニングで抑える方法があります。

以前は叩いたりすることで
「吠えると痛い目にあう」
ということを覚えさせることもありました。

ただ近年では虐待につながる場合もあるので
違う方法を用いる場合が多いです。

犬は祖先の狼と同じで帰巣本能があります。

敵から身を守るためだったり、休息をとるためだったり。

現代では「ケージ(クレート)」がその役目を果たします。

ケージを用意することによって、
犬にとっては休息できる場所であったり
避難できる場所になるのです。

トレーニングをするときは、
ケージに入ったら褒めるということを繰り返します。

そしてケージに入っている時間を少しずつ伸ばしていきます。

ケージの中が自分の休息できる場所であることを認識できれば、
恐怖心や警戒心から吠える犬にとっては避難場所になるので
飼い主さんが入るように誘導するといいでしょう。

 

飼い主さんとの主従関係がうまく築かれていない犬は、
飼い主さんよりも自分のほうが上だと考え
守ってあげなければという気持ちになっています。

それが今回でいうチャイムが鳴った時の
吠えるという行動につながっています。

主従関係がうまく築かれていない犬は、
甘やかして育てられている場合が多いです。

犬の言うがままにおやつをあげていたりしていませんか?
お散歩のときに犬が先に歩いて行ったりしていませんか?

このような行動を見直すことで
改善が見込まれる場合があります。

 

嬉しさのあまりテンションが
上がって抑えられない犬に対しては、
意外と効果的なのは無視してしまうことです。

自分を見てほしいアピールをしているわけなので、
それに対して反応がないとつまらなくなります。

ですが、静かに出来たら褒めてあげることを
忘れずにしましょう。

続けていくことで、
「静かにすると褒められる」
ということを学習していきます。

 

また最近のしつけグッズには、
吠えると振動する首輪が商品として販売されています。

首輪が振動することで犬が驚きます。

吠えると振動して驚くことを学習すると
無駄吠えなどの抑制になります。

まとめ

チャイムが鳴って吠えるといっても、
犬の心理はさまざまです。

お客さんによっては
犬が苦手だったりする場合もありますよね。

歓迎されていると思って撫でようとした瞬間に
噛まれてしまい思わぬケガにもつながりかねません。

犬の心理をよく観察してチャイムに過敏に反応しなくなるよう
トレーニングをするのも飼い主さんの役目です!

-ペットのこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.