季節行事のこと

桃の節句の食べ物「ちらし寿司」「菱餅」の由来は?なぜ食べるの?

女の子の行事と言えば、代表的なひな祭り。
行事食もピンクや淡い色でかわいらしいですよね。

ちらし寿司はひな祭りだからというわけではないのです
が、エビやレンコンといった縁起物が使われています。

腰が曲がるまで長く生きれますように、とエビを
見通しがよいようにと、レンコンをというのは、
正月のお節料理と変わりませんね。

普段は見かけることがなくひな祭りだけ出てくる菱餅は、
赤、白、緑の3色カラーがひし形になっているものです。

赤は厄払いや桃の花の色を表し、
白は純白、残雪、清浄を表します。
緑は草木の芽吹き、健康、長寿を意味します。

つまり、女の子に厄が付かず、清純に、健やかに成長
してほしいという願いが込められている食べ物です。

また下から緑、白、赤を積み上げている
様子から、大地の残雪の下から桃の花が
咲いている初春を表しているともいわれています。

どうしてひし形なのかというのは諸説あり、
大地の形を表している説や、心臓の
形を表し健康長寿を祈っている説。

または、昔宮中でひし形の食べ物をお祝いに食べていた
ともいわれ、それをもとにひし形にしたという説もあります。

将来の夢はお嫁さん!桃の節句の定番「はまぐり」で美味しく良縁を願う?

ひな祭りの縁起物の一つであるはまぐりは、
ずばり、良縁成就を表しています。

平安時代から女の子の遊びである貝合わせ
にもはまぐりの貝殻が使われていました。

このはまぐりの貝殻はもともと一組だった殻以外
とはぴたりと一致しないようにできているのです。

つまり、はまぐりを食べることにより、自分の運命の人
を見つけられるようにという願いを込めているのです。

桃の節句は女の子のお祭りなので、親は子供がよい
めぐり逢いを出来る様に祈りを込めていたのでしょうね。

桃の節句のお料理に少し工夫の飾り付け!手作りが豪華に見えるアドバイス!

ちらし寿司には、黄色い玉子焼きを細切りにしてトッ
ピングしますが、この玉子をクッキー型でハートや
星型にくりぬくだけでかわいらしさが倍増します。

菱餅も最近は餅にこだわらず、3層ゼリーなどもいいですね。
抹茶、カルピス、ブドウジュースでゼリー
を作り3層重ねて冷蔵庫で冷やし固めます。

この菱餅風ゼリーを、ハート形にかたどりすると、
ぐっと女の子のお祭り感が引き立つではありませんか。

正統派の豪華さの演出としてはちょっと豪華ですが、
はまぐりのお吸い物に木の芽と柚子皮をトッピング。

木の芽は手のひらで叩くと香りが引き立ち、
さらに柚子ものせて色味とさわやかさをプラスします。

 

少し手を加えて、簡単につまみやすい
手まり寿司を作って見てはどうでしょう。

具材はスーパーのお刺身やお惣菜で十分です。
小さく丸めた酢飯にギュッと握りつけます。

その中に薄焼き卵の着物を着せた、ひな人形お寿司
を作り、弁当箱に詰めてみれば、パーティーの話題
の中心間違いなしのひな祭り手まり寿司の完成です。

桃の節句でのパーティーでの持ち寄り料理は、
和風だけでなく、洋風でももちろん大丈夫です。

玉子ペーストやイチゴジャムを薄く塗ってくるくる
丸めたサンドイッチは持ち運びにちょうどいい。

このくるくるサンドはラップでまいた後に、端をリボンで
結べば、よりいっそうパーティー向きの見た目になりますね。

和食だけでは地味になりがちですが、洋食を
加えることにより、よりいっそう華やぎます。

まとめ

桃の節句を迎えれば、温かな春はすぐそこ。
出会いと別れの季節でもあります。

みんなで集まってわいわいパーティーして、
それぞれのこれからを祝福しましょう。

そして、新しい出会いもあります。
学校で、職場で、街角で。

この機会に桃の節句の縁起物を食べて
素敵な出会いに備えましょう。

-季節行事のこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.