家事のこと

夫の家事はなぜ二度手間に?やってくれるのは嬉しいんだけど…

子供をあやす主婦

「うちの夫、全然家のことをやってくれなくて…」

ママ友同士で話していると、
そういう愚痴をよく聞きますよね。

そんな話を聞くと、
家事をちょこちょことやってくれる夫は
ありがたい存在のようで、
愚痴をいうのが申し訳ない気がしてしまいます。

しかし、夫がやってくれた家事がどうも「惜しい」!!

その後始末を結局自分でやるのって、
地味にストレスになりませんか?

どうして夫の家事は
二度手間になってしまうことが多いのか。

それは、夫があまり細かいところまで
見ていないことが原因
かも!

その対策を考えていきましょう!

夫は家事であまり細かいところまで見ていない

皿洗いをする男性

洗い物を夫がやってくれた時に、
お皿の裏や鍋のふちがしっかり洗い切れていなかったり、
洗いっぱなしで食器を拭くところまでやってくれなかったり…
という経験はありませんか?

夫は「洗い物できた!」と思っています。

しかし妻の立場からすると
「全然できてないじゃない!」
と思ってしまいますよね。

どうやら男性は(すべての男性とは言いませんが)、
あまり細かいところまでは見ていないようです。

洗い物にしても、
目立ったところの汚れは取れているから
できていると思っているのでしょう。

しかし洗い残しがあると、
結局こちらが洗い直さなければならないので
これは二度手間ですよね。

せっかくやってくれたから、
あまり小言も言いたくない…

でも何度も同じことをやられると、
こちらとしてもストレスが溜まります。

「俺が家事をやっても文句ばかりつけられる」
と思われて家事をやらなくなってしまうのも困りますよね。

では、どうしたらいいのでしょうか?

夫に家事を頼むときに気をつけることは?

夫婦

普段家事を行っているのは
妻であるという家庭が多いですよね。

つまり、妻に比べると夫は
家事にあまり慣れていないのです。

そのため私は、
家事に関して夫は「新人バイト」だと思うようにしています。

新人のバイトさんに
最初からあまりキツく注意はしませんよね。

あくまで軽いトーンで
「次からは気をつけてね」というテンションで
指摘をしてみてはいかがでしょうか?

先ほどの洗い物の話の場合、
「ちょっとまだお皿の裏がヌルっとしてるかな~。
次洗うときはちょっと気をつけてみてね」
くらいの言い方でお願いしましょう。

せっかくやったのにガツンとダメ出しされると
ヘコんでしまいます。

でもこれくらいの言い方だと
「じゃあ次は気をつけよう」と思ってもらえますよ。

それでも改善せず、夫に頼むとストレスが溜まる…
という方は、
「普段の家事は自分で行い、
自分にできないことだけを夫に頼む」

というように割り切ってしまうのも一つの手です。

たとえば普段の掃除では、
高いところの掃除や重たいものをどかしての
掃除はあまりしませんよね。

こういう普段やらない掃除を夫にお願いしてみましょう!

ほかにも、電球の交換やふとん干し、模様替えの手伝いなど、
やってもらうと助かる家事というのは、実はたくさんあるんです。

その際は
「ありがとう、助かった!」
の一言を忘れずに。

きっと次も気持ちよく手伝ってくれますよ。

まとめ

結局二度手間になってしまうけれど、
夫が家事をしてくれるという気持ち自体はありがたいもの。

やり方がちょっと惜しいだけで、気持ちは優しいんです。

その気持ちを削がないように、
夫をうまくコントロールしてみてくださいね。

-家事のこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.