生活のこと

一般的な還暦祝いのタイミングとやり方!子供や孫から特別な誕生会!?

還暦祝い

あなたのお父さんはいまおいくつですか?

もしあなたのお父さんが還暦間近なら
ぜひ本記事を参考にしてください。

現代においては、還暦祝いは当人の
誕生日と兼ねることが一般的です。

あるいは、一家が揃うお盆・正月・連休
といった期間に祝う場合もあります。

なにより大切なのは「まごころ」込めて
お祝いしてあげることです。

本記事では、とりわけ一家の主である
お父さんに向けた還暦祝いの仕方の基本、
プレゼントやメッセージの選び方や
マナーをご紹介します。

最低限の注意を払ったうえで「まごころ」
こもったお祝いをしてあげてくださいね。

還暦祝いに現金は失礼!?お祝い品を選ぶ時の注意点と参考例!

現金

還暦祝いの形はさまざまです。

結婚式や七五三の祝い方が昔ほど形式的でないように、
還暦祝いも当人の意向をくんで「くだけた」かたちでするケースが増えています。

私の父の還暦祝いもまさにそうで、
父が「普段通りの誕生日パーティーと同じでいい」
という意向を示したので、とくに会食もせず家の中で還暦祝いをしました。

さすがに還暦祝いとしてのプレゼントは用意しましたが、
よくいわれる「赤」にちなんだものでもなく、
父が好きなウィスキーを贈りました。

父の名前を記銘した特注のウィスキーで、
通販サイトを使って10,000円ほどで用意したものです。

父はとても喜んでくれましたよ。

私は品物をプレゼントしましたが、
現金を包んで贈るという手段があります。

現金を贈るのが失礼にあたるか、そうでないかは賛否両論です。

また現金を贈る場合には、正式な贈り方もあります。

のし袋に蝶結びの赤白の水引をつけ、
上に「祝還暦」下にあなたの名前をそれぞれ書いて渡す、というものです。

ですが、日本人は金銭に対して、
なにかやましいような感情を抱く人が多いのも事実です。

それに、いままで頑張ってお給料を稼いできた
(あるいはこれからも稼ぐ)お父さんに対して、
現金を贈るというのも違和感がありますよね。

現金ですとお父さんも申し訳なく思ってしまうかもしれません。

現金は「まごころ」込めて品物に使うのが無難でしょう。

品物の相場は、子供が父に送る場合、
一般的には10,000~30,000円とされています。

ですが家族構成、連名にするかしないか、
あなたの経済状況などを吟味したうえで、
お父さんが遠慮しない程度の金額のものを
「まごころ」込めて贈るのが一番です。

お父さんの意向を汲んだり、
好きなものを選んだりするのももちろんいいですね。

もっとも注意しなければならないのは
「老い」や「余生」を連想させる品物を
贈らないようにすることです。

品物を選ぶときの禁忌はいろいろあります。
たいていは「縁起が悪い」
「よからぬことを連想させる」といった
迷信や形式に基づいたものです。

たとえば、
「時計は勤勉を連想させるからリタイアを
控えた父へのプレゼントにふさわしくない」
という向きがあります。

ですが、お父さんの意向や趣向を汲んだうえで
喜んでいただけるのなら「まごころ」込めて
贈ることになるのではないでしょうか。

一方「老い」や「余生」を連想させる品物は
メッセージ性が強すぎます。

拡大鏡や老眼鏡のほか、たとえお父さんの足が
不自由だとしても杖を贈るのは避けましょう。

いずれもお父さんの意思で医療機関や
お店で手に入れられるものです。

最低限の注意は払いつつ、
お父さんに「まごころ」込めたものを贈るのが基本です。

ご家族から感謝の言葉!還暦祝いに贈ってほしいメッセージ例文まとめ!

感謝

プレゼントにメッセージを添えるのも
「まごころ」があっていいものです。

還暦祝いのメッセージは「四」や「九」など
「死」や「苦」を連想させるような忌み言葉、
それに「老い」や「余生」をダイレクトに
連想させてしまう文言を避けさえすれば、
形式にこだわらず、あなたの思いのたけをつづって構いません。

あえて気をつけるとすれば「ねぎらい」
織り交ぜつつ「感謝」の気持ちをメインに
伝えるメッセージがいいでしょう。

“第二の人生”や“これからも”という言葉は
どうしても入ってしまいます。

これは仕方ないことですが「ねぎらい」が
強すぎると「老い」や「余生」を強く連想させて
しまいますので、使い方には注意してください。

以上を基本として文例をいくつかあげます。
あくまで例ですので、メッセージ自体は
あなた自身の言葉でつづってくださいね。

参考

『お父さんへ 還暦おめでとう!
長年一生懸命働いて一家を支えてくれて
ありがとうございました。これからも
お母さんと仲良く、元気に過ごしてね』

『お父さんへ 還暦おめでとうございます。
お母さんや私たちがいま元気に暮らせているのも、
お父さんが仕事に励んでくれたおかげです。
本当にありがとう。
第二の人生も元気に過ごしてくださいね』

『お父さんへ 還暦おめでとう!
お父さんが元気に還暦を迎えてとてもうれしいです。
若いころは生意気なことばかり言ってたけど、
私たちを育て上げてくれてありがとう。
第二の人生も元気に、楽しく過ごしてくださいね』

還暦祝いの数だけメッセージのパターンもあります。

上にあげた例をとっかかりとして、
お父さんが喜ぶようなメッセージを送ってあげてくださいね。

まとめ

私の祖父母の還暦祝いでは赤いちゃんちゃんこ
登場しましたが、父のときはありませんでした。

還暦祝いといっても、いまは元気なシニアの方々も
多いので、お父さんとしても60歳なんてまだまだ
これから、という気持ちが強いでしょう。

いましばらく働く60代のお父さんも
たくさんいらっしゃいます。

せっかくの祝い事ですので、くれぐれも「まごころ」
込めて還暦をお祝いしてあげてくださいね。

-生活のこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.