おしゃれのこと

出来る大人は知っている?!革靴の手入れのやり方と頻度は?

歩く男性

スーツがビシッと決まっているのに、
革靴を見たらくすんでいたり、汚れていたりする方を
見かけることがよくあります。

とても残念だなと感じてしまうのは私だけでしょうか。

靴が汚れてしまうのは当然ですが、
それでも革靴をきちんと手入れしている男性は

細やかなところまで気を配れる、
ものを大切にする紳士なのだと思わせてくれます。

では、意外と女性からも見られている靴を常にキレイに保つため、
手入れの仕方をご紹介したいと思います。

靴がきれいだと女性からの好感度がアップすること
間違いなしです!

革靴の手入れの手順を覚えてきれいを保とう!

革靴の手入れ

まず、馬毛ブラシで
靴表面のホコリを落とすことから始めます。

靴紐がついているものなら、
あらかじめ紐を抜いておくとよいでしょう。

というのも、縫い目や革が重なり合っているようなところが
意外と汚れているからです。

 

この工程が終わっても気になる汚れがある時は、
ステインリムーバーという専用クリーナーを
使用して落とします。

クリーナーを乾いている布に取り、優しく磨きましょう。

強く磨くと傷がついてしまうかもしれないので
気をつけてください。

この作業は古いワックスを落とす作業も兼ねていますので、
気になる汚れが取れたのち、全体も丁寧に磨いていきます。

その時、汚れが付いた面ではなく、
常にキレイな面で拭きましょう。

この時注意が必要なのは、色の薄い革靴です。

シミができてしまう可能性があるので、
目立たない場所に試したのち、
全体を磨くことをおすすめします。

 

次はキレイになった革靴に栄養を与えます。

革は乾燥してしまうとひび割れしたり、
硬くなってしまったりしますので、
この栄養は靴を長く使用するためにはとても大切なことです。

乳化性クリーム少量を指に取り、
手早く塗りましょう。

指で塗ることでクリームを革に
十分しみ込ませることができます。

 

その後、クリームを豚毛ブラシで
しっかりブラッシングしましょう。

指では塗りきれてないところも、
このブラシで浸透させることができます。

 

後に余分なクリームを拭き取る作業です。

グローブクロスがあれば、
それを用いて拭き取るように磨いてください。

グローブクロスがないときは
乾いたきめ細かい布で大丈夫です。

このように革靴を手入れしてあげると、
キレイに長く履き続けることができます。

ではこれらの作業は毎日行なう必要があるのでしょうか?

革靴の手入れは毎日しないとダメ?頻度と正しいやり方とは?

頭を抱える男性

先ほどご紹介した手入れを毎日する必要はありません。
月に一回でも十分といえます。

あまり頻繁に行ってしまうと、
逆に靴を痛ませてしまうからです。

でも1日履いた靴を少しの時間だけケアしてあげてください。

馬毛ブラシでホコリを落とすだけで十分です。

ホコリは靴の油分を奪いますので、
ササっとブラッシングしてあげるだけで靴の寿命は伸びるのです。

そして、シューキーパーで靴の型崩れを防いであげましょう。

1日2日靴を休ませてあげることで、
靴を乾燥させる
ことも重要です。

このように日頃の手入れは簡単に行なう事ができますので、
帰宅後少し疲れているかと思いますが、
疲れた靴もいたわってあげてください。

これがあれば間違いない!革靴の手入れ用品のおすすめは?

革靴ケア道具

では、日頃のお手入れと、
月に一回のメンテナンスにおすすめ用品をご紹介いたします。

靴屋さんに行くと沢山の商品が並んでいて迷いますよね。
慣れていなければ何を使ったらいいかわからないものです。

ですから、一通り同じブランドで
揃えてしまうことをおすすめ!

M.MOWBREYのシューケア用品は質もコスパも良く、
セット買いも可能ですので、初心者の方は
まずこの製品で手入れを始めてみてはどうでしょうか。

まとめ

せっかく高い靴を買ったとしても、
手入れが行き届いていなければ、
あっという間に傷んでしまい、寿命がきてしまいます。

月に一度のメンテナンスでお気に入りの一足を
満足するまで履き続けることができます。

そして毎日のブラッシングを忘れずに
いつもキレイな靴で気持ちよく過ごしましょう。

-おしゃれのこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.