お金のこと

一人暮らしを始めた人にオススメ!簡単に出来る節約の裏ワザ大公開!

一人暮らしは何かと費用がかかりますよね。

実家で生活しているときに
意識したことのなかった光熱費や、
食費洗剤などの日用品費など…。

生活にかかるお金のムダを減らしたい
お金をいかにして節約するか知りたい方に
オススメの簡単な節約術を教えます!

一人暮らしで自炊しない人にも出来る!食費を浮かせるマル秘節約術!

一人暮らしにおいて、食費は毎日かかるもの。

一念発起して、外食から自炊に変えて
節約しようとする方も多いのではないでしょうか?

しかし続かない、自炊が苦手
そんな方にオススメの方法があります。

それはすべてを作ろうとしない!ということです。

たとえば、サラダを常習的に食べるとしましょう。
コンビニ等でサラダを購入すれば、
一食につき300円以上かかります。

一方、スーパーで野菜を自分で買い、
洗い、切る方が圧倒的に安いことは確かです。

しかし、巧く使いきることができないこともあり、
自炊をしない方にとってはこの作業、
なかなか続きませんよね。

そんな方にはまず、カット野菜を購入し、
ドレッシングを作るところから始めてみてはいかがでしょうか?

ドレッシングに必要なものは、
油、お酢、醤油などの調味料です。

これらの材料はすべて、長期保存が可能で、
最適なサイズを選ぶこともできます。

また他にも用途があるので、
ムダになることはあまりありません。
そして混ぜるだけなので誰でも簡単に作ることができます。

今回はサラダの例を挙げましたが、
これは実際に活用されている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、ここで大切なのは、
すべてを自炊しようとしない!部分的に取り入れてみる!
というひと工夫をするということです。

そのひと工夫が、100円の差額を生むとすれば、
食費は毎日かかるので、積み重なれば
大きな差額=節約に繋げることができるのです

別の例として、唐揚げを考えてみましょう。
揚げ油のような多量の油、揚げることの出来る鍋がないので、
惣菜コーナーで買おうとする方も多いのではないでしょうか。

そこで、揚げ油や鍋の必要がない唐揚げを選択してみる、
という工夫をしてみてはいかがでしょうか。

スーパーには鶏肉に専用の粉をもみこんで、
フライパンで焼くだけでカリっとした唐揚げを
作ることのできる調味料が販売されています。

そうしたものを活用すれば、
簡単に作ることができ、節約にもなりますよ。

食費の節約というのは、奥が深いものだと私は考えています。

食費の節約を考えるなら、毎日100円程度のカップ麺や、
30円前後のうどんを湯がいて、
天ぷらを2~3点買って済ませてしまえば、
かなり安上がりでお腹も膨れますし、
コスパがよいといえます。

カップ麺などのインスタント食品を好んで食べる方は、
特に不満もなく節約出来るでしょう。

しかし、そんな生活を続けていたらどうなるでしょうか。

体質によってさまざまあるでしょうが、
体に良くないことは明らかです。
女性にとっては、肌トラブルなどの美容にも関わってきます。

そうしてせっかく節約したお金が、
将来の治療費や美容費に消えていかないようにするためにも、
お金のコスパがよいものを選び続けるのではなく、
栄養価のコスパも考えて欲しいものです

食で得られる満足感や栄養価は、想像する以上に、
今後のあなたへの影響を及ぼしていることを念頭におき、
節約と健康のバランスを考えることが何よりも大切です。

一人暮らしさん必見!本当に役に立つ節約グッズをご紹介!

一人暮らしは、掃除、洗濯、食事などの家事全般も
自身でしていかなければなりません。
ムダを省き、家事の手助けをしてくれるアイテムをご紹介します。

まずは重曹です!
重曹は掃除や洗濯、入浴、美容に関するところまで
さまざまな場面で活躍してくれるとても便利なものなんです。

重曹水(水1リットルに対し、大さじ3強)を使うと、
レンジ回り、冷蔵庫内、流し台の汚れを拭き取る洗剤になります。
布巾等に染み込ませてから拭き、そのあと水拭きをしてください。

重曹そのものをスポンジにつけて磨けば、
洗面器の汚れも落とすことができます。
重曹は粒子が細かいため、
プラスチックなどの磨くものを傷つける心配がありません。

重曹とレモン汁を、混ぜ合わせることで
歯の汚れを落とす研磨剤にもなります。

続いてはお酢です。
こちらも万能です!

酢水を作れば、まな板や布巾を浸けておくだけで、
殺菌剤代わりになります。

また茶渋のついたコップなどの中にいれ、
浸けておくだけで、茶渋を浮かせることが出来るので、
軽く擦るだけで落とすことができるんです。

ガラス食器の曇りには、お酢と塩をまぜて擦るだけで、
曇りを消すことができます。(傷つきやすいものはご注意)

酢そのものを、スプレー式の容器に入れれば、
生ゴミの消臭剤として使用することができます。

重曹、お酢どちらもスーパーや薬局で安価で、
手に入れることが出来るとても便利なアイテムです。

この2つがあれば、さまざまな洗剤を買わなくても済み、
あらゆるところで併用できるので、
ラクに部屋を清潔に保つことができますよ!

まとめ

節約をすることは、
単に生活を窮屈にするだけになってしまいがちです。

よほどの明確な目標金額があり、
一円でも安く済ますことが最優先である場合であればいいですが、
そうでない場合、窮屈にしていた反動で浪費してしまい、
本末転倒、、なんてことにもなりかねません。

節約もご自身の身の丈にあったバランスが大切です。
野菜を買わずにカット野菜を使うのは、
自炊する方からみたら浪費ですが、
毎日コンビニで買っていた方にとっては節約になります。

大切なのは続けられることを見つけていくために、
日々の選択を少し考え直してみることです。

節約はみすぼらしいイメージが先行してしまいがちですが、
そのような側面だけではありません。

ムダをなくしスッキリさせる、
いわば節約は、生活の整理整頓なのです。

-お金のこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.