家事のこと

上手に断捨離!大切な子供服も思い切ってさよなら出来るコツとは?

まずは子供服をよく見てください。

使い込んでいる物とせっかく買ったのに
ほどんど来ていない物がありますね。

ほとんど来ていない物は
必要ありませんので、さよならしましょう!

理由は、子供は自分の気に入ったものだけを
ヘビーローテーションで着るからです。

いくつか子供の気に入ったものがあればそれでOKです。

数は必要ありません。

好きな物だけを着倒してもらいましょう!

おもちゃもそうではありませんか?

子供服は親が買って与えているものや、
おじいちゃんおばあちゃんからもらう物、
兄弟や従兄弟のおさがりなどで溜まっていきます。

子供はその中で自分の気に入ったものにしか興味を示しません。

着ない服がなくなったところで、なんとも思わないでしょう。

 

子供服を着るのはあなたではなく、お子さんです!

お子さんが気に入っている物さえあれば
他はいらないのです!

それでは、具体的に
どうやって断捨離をしていくのか紹介しますね。

Let’s断捨離!もったいない病の人でもコツさえ分かれば簡単!

まずはお子さんの服を全部一つの場所に持って来ましょう。

そして、お子さんがお気に入りで
良く着る取っておくもの、
捨てるもの、譲るものに分けます。

捨てるものはぽいっと捨てるのではなく、
着る機会がすくなかったとしても
お子さんをまもってくれていたものです。

感謝の気持ちを忘れずに
ありがとうと言ってゴミ袋へ入れます。

 

譲るものはいいとして、残ったものが問題です。

本当に着ますか?
組み合わせはどうでしょう。
お子さんは気に入ってますか?

着るのはお子さんであってあなたではありません。

あなたが着せたい服で、
ほとんど袖が通られてない服はまぎれこんでいませんか?

 

徹底してお子さん目線で考えてください。

もったいないおばけから
お子さんを守るイメージで断捨離しましょう。

 

断捨離をすると運気が上がると言います。

逆に、要らない物をいつか使うかもしれない、
もったいないと溜め込んでいると運気が下がります。

そんな運気の下がった服をお子さんに着せたくはないですね。

いつか、いつかと言って使用しないほうが
よっぽどもったいないです!

 

そんな思いをさせてしまう服を増やさないためにも、
ごめんね、ありがとうといって処分しましょう。

もったいないと思う分だけ、感謝してあげてください。

 

この際、自分の服も同じように断捨離してしまえば、
収納スペースがごっそり空いて、すっきり気持ち良くなりますよ!

「もう一人」「お友達に」とは考えない!

×を作る主婦

もう一人子供が出来るかもしれない、
お友達に譲ろうかなど人にあげることを
考えているのであれば、むしろ売ってしまった方がいいでしょう。

親が着せたい服とお子さんが着たい服は
違うかもしれません。

次に産まれてくるお子さんと
第一子のお子さんでは個性も違ってきます。

それは他家のお子さんにも言える事ですので、
押し付けるような行為は避けた方がいいでしょう。

 

収納するという意味は、使う物の一時管理場所です。

出番がないものを溜め込んで置く場所ではありません。

 

ただ、欲しいと言われれて、
それに応えることは悪くありません。

ママ友の間で譲り合いっこをしているのであれば、
どんどんあげてしまいましょう。

サイズが合わなくなった、大きなシミがある、
膝が出てる、穴が開いている、首回りが伸びている
などの服は即捨てましょう。

お子さんが気に入っているものだからこそ
ぼろぼろになってしまったのです。

捨てるときはきちんと話してあげてください。

もう、入らないよ、ぼろぼろで治せないよ、
ありがとうしてサヨナラしようねと言えば、
きっとわかってくれるはずですよ。

思い切って!断捨離のコツの1つは引っ越しの際の片付けだった?!

一つの所に同じものを集めて、
いる、いらない、あげるに分けるのがコツ
でした。

これをやるには引っ越しの時の片付けが
とてもいいチャンスなんです。

子供服だけではなくて、
あなたの服や旦那さんの服なども同じです。

 

食器や日用品、本、DVDやCDなど、
引っ越し先で迷子にならないように、
段ボールに詰める前に一つの所に同じものを集めますよね。

 

その時に上記と同様に、
いる物、いらない物、あげる物に分けます。

さらに、いると判断したけれど、
「これを最後につかったのはいつだったけ?」
と思うようなものは捨てましょう。

日用品のような消耗品はいいですが、
食器など、いつか使うかもと取っておいて1年以上使ってない物、
もったいないからとってあったもの、
引き出物でもらった新品だけど趣味に合わないもの
などは処分しましょう。

まとめ

私も断捨離の経験があります。

断捨離したものは洋服と本です。

記憶力があまり良くないので、
気に入った本は何度も読み直します。

その癖で相当数の本があり、置く場所にも困る状態でした。

買ったら捨てる、あるいは買う事にしたら捨てる
と決めて、ごっそり本を処分しました。

それでも常時1000冊以上はありますが、大丈夫です。
読み返すお気に入りばかりです。

洋服はOL時代のものやドレスの様なものは
もったいなくて捨てられませんでした。

ですが、デザイン的にもう二度と着ないとわかっているもの、
何年も着ていないものなどを捨てて、
まだ着られる物は夫に相談したら姑が着るというので譲りました。

気に入って着て下さっているようです。

 

お気に入りばかりが並ぶ本棚と
クローゼットに空きができるって
こんなにも気持ちのいいものなんだと、
隙間の空いた本棚やクローゼットをみて
にやにやして過ごす事しばらくでした(笑)

新しい運気も入って来て、一石二鳥。

断捨離の気持ちの良さが病みつきになりそうです。

-家事のこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.