家事のこと

快適な結婚生活を送りたいならば新婚時代の家事分担を大切に!!

鉄板焼きをする夫婦

誰もがこの先ずっと相手と一緒に居たい
と思って結婚するはずです。

そんな結婚生活ですが、
「こんなはずじゃなかった!!」
と嘆くことも出てくるかもしれません。

そうならないためにも、
結婚したらすぐに始めなければいけないことがあります。

そう「家事分担」です。

結婚したのだから奥さんらしく、
かいがいしく旦那さんのお世話をしたい!

あなたはそう思っていませんか?

でもこの先何年も一緒に生活する相手です。

この先もずっと同じように面倒をみていけますか?

快適に結婚生活を送るための第一歩は
家事分担といっても過言ではないでしょう

「彼が尽くされるのが好きな人だから…」
そんなことはいってられません。

ほんの少しでもよいのです。家事分担を決めましょう!

専業主婦、パート、フルタイム?そんなの家事に関係ないですよ!

調味料を選ぶ女性

あなたは今、働いていますか?
結婚を機にお仕事を退職しましたか?
お仕事をお休み中ですか?

1日中家にいるのだから家事が私の仕事。

なんて思うことはありません。

家事は毎日、24時間続くハードワークです。

手伝ってもらって当たり前。

家事は生きる上で必要なことばかり。

だからその一端を夫が担うのは当たり前です。

新婚生活ですべての家事をあなたがしてしまっていたら、
それが当たり前となってしまいます。

もし、あなたが働きだしたり、
今以上にお仕事が忙しくなった時、
同じように家事ができるとは限りません。

子供が生まれるとなおさらです。

全部抱え込んだらパンクしてしまいます。

 

「その時考えればよい」その考え方は危険です。

人って楽なことにはすぐに慣れてしまいますよ。

なので、突然「家事をしろ」と言われた夫は苦痛を感じます。

だからこそ少し浮足立った新婚生活に
家事分担をしっかりと決めるべきです。

「三つ子の魂百まで」ということわざがあるように
何でも最初が肝心ということです。

結婚してすぐ新しい生活に浮かれているかもしれません。

でもここできちっと家事分担を決めておく方が、
のちのちお願いするよりずっとスムーズに
家事を受け入れてくれます

男の人でもやりやすい家事ってなんだろう?

料理を作る夫婦

基本中の基本ですが、
まずは夫に自分のことは自分でしてもらいましょう

脱いだジャケットをハンガーに自分でかけ、
靴下も洗濯ものかごに入れる。

もちろん表向きにして。

そしてゴミはゴミ箱に入れ読んだ本は定位置に戻す。

こういった基本的な事が出来ない人が意外にも多いのです

家事初心者でも簡単にできるのが「ゴミ出し」。

最近では新聞を取らない家庭も増えていますが、
取っているのならば新聞くくりや雑誌くくりも簡単。

そして土日には
お風呂掃除もしてもらうのもいいかもしれません。

その時に普段はあまり掃除しない
排水溝の中もしっかりとゴミを取ってもらっちゃいましょう!

男性は家事をしたいと思っても、
何をやっていいのかわからなかったり、
やり方がわからないことも多いです。

家事分担を決める前に何ならばできるのか、
はっきりさせるとお互いに家事が分担しやすいですね。

まとめ

私の場合、
「専業主婦→夫婦二人共働き→子あり共働き→専業主婦」
と色々な立場の妻を経験してきました。

日曜日の夕方に放送されているあのアニメのような、
昭和時代そのものの夫婦姿を見てきた私たち夫婦は、
家事分担が完璧ではありませんでした。

今は困難にぶつかり(私が寝込んだ、家中が汚い等)
協力的になったものの専業主婦になると
元にもどってしまいます。

同年代の知り合いの中にはしっかりと
専業主婦ながら家事分担のできている家庭もあります。

最初が肝心なのです!

面倒でも夫にお願いするということが大切です。

新婚生活の家事分担をしっかりすることは
夫の生活力を高めるとともに、
子供がいれば子供のお手本となります。

そしてあなたの笑顔が増えることにつながることでしょう!

-家事のこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.