家事のこと

新しいタオルは毛がつく…ふんわり肌触りを残しつつ毛をつきにくくする方法とは!?

顔を拭く女性

引き出物やお祝いの贈り物に、
新しいタオルをもらうことがよくありませんか。

または、たまには自分でも
ちょっといいタオルを買うこともありますよね。

新品のタオルって、ふんわりしていて
それだけで癒しの効果があるように思います。

しかし、悲しいかな、湯上りにふんわり新品タオルで体をふくと、
タオルから抜けた毛だらけになったことがあります。

癒し効果のはずのタオルが、
一瞬にして悪魔の道具に早変わりです。

湯上りに毛むくじゃらになったショックといったら……。

毛が抜けなくなるまで何度も洗濯すると、
ふんわり触感はどこへやら、
新品のはずなのにゴワゴワとした肌触りになってしまいます。

ふんわりしつつも、毛が抜けないようにする方法が知りたい!

そんな私が見つけた最強の方法は、
洗濯ネット、大量の水、クエン酸を使うこと!

新しいタオルでもふんわり風合いを残しつつ毛が出にくくなる3つのポイント!

タオルと洗濯ばさみ

タオルのふんわり触感を残すための洗い方には
3つのポイントがあるのです。

その1.洗濯ネットに入れて洗う

まずはタオルを傷めない工夫をしましょう。

タオルの表面にはたくさんのパイルがあります。

パイルとはループ状の糸が
たくさん織り込まれているものです。

糸がたくさん織り込まれている部分なので、
傷がつけば繊維が抜けやすくなってしまいます。

そのため、洗濯ネットに入れて優しく洗いましょう。

その2.タオルだけを多めの水で洗濯する

タオルだけのためにお水がもったいない
そう思うかもしれませんが、ぐっと耐えてください。

ふんわりタオルのためです。

少ない水で洗濯すると、洗濯物同士で摩擦が起こります。

摩擦が起これば、当然生地が傷みますよね。

生地が傷めば、繊維が抜けやすくなってしまうのです。

また、多めの水を使って洗うことで
余計な毛を落とすこともできます。

パイルのより合わさった糸を引き締める効果もあります。

その3.柔軟剤ではなく、クエン酸を入れる

タオルをふんわりさせるため、
柔軟剤を使っていると思います。

実は柔軟剤が、毛が抜けやすくなる原因になるのです。

しかし、柔軟剤を使わないと
ごわごわとした肌触りになってしまいます。

そこで活躍するのがクエン酸です。

アルカリ性の洗剤で洗ったタオルが、
酸性のクエン酸で中和され、
まるで柔軟剤を使ったように仕上げてくれます。

洗濯機が洗いからすすぎになってから
クエン酸を投入しましょう。

投入量は0.1%のクエン酸濃度になるようにします。
水10Lに1gのクエン酸が目安です。

柔軟剤は繊維をコーティングすることにより
タオルをふんわりさせる効果があります。

しかし、この繊維のコーティングをする効果が
糸を緩ませて余計繊維が抜けてしまう原因になります。

なので、毛羽立ちタオルの対策には、
クエン酸を使いましょう。

新しいタオルだと毛が出やすい原因は製造工程にあった!?

タオル

新しいタオルの毛が抜けやすい原因は、
タオルの製造工程に理由があります。

タオルはたくさんの繊維を束ねた糸を使って製造しています。

そのため、新しいタオルには
表面に細かな繊維がくっついているのです。

とくにシャーリング地のタオルや、
無撚糸のタオルは毛が抜けやすくなっています。

新しいタオルは使っているうちに、
製造中にタオル表面についていた細かな繊維が離れていくので、
毛が抜けやすい状態になっています。

だいたい3回洗濯をするまでは、
毛が抜けやすい状態だと覚えておくとよいでしょう。

まとめ

お祝いでもらったタオルや、自分で選んだマイタオルは
ふんわり触感を大事にしたいですよね。

いつもの洗濯方法に少し手間を加えるだけで
お風呂上りにふんわりタオルに包まれかつ、
毛むくじゃらにならないというのは驚きです。

クエン酸を使うというのははじめとても意外でしたが、
仕組みを考えるとなるほどと思いました。

新品タオル、もらったり買ったりした際は、
ぜひ試してみてくださいね!

-家事のこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.