健康のこと

ノロウイルスに加湿は効果あるの?簡単に出来る効果的な加湿方法は?

毎年寒い時期になると
朝起きたり、手を洗う時に水がとても冷たかったり、
嫌になりますね。

そんな寒い時期に心配することの1つが
「ウイルス感染による体調不良」でしょう。

先日知り合いがなんと「ノロウイルス」に感染してしまい、
回復するまで大変だったようです。

大人でも大変ですから、
小さい子がかかってしまったらなおさらですね。
あなたにお子さんがいるなら心配になるでしょう。

そんなノロウイルス防止のために
「加湿するとよい」って聞いたことありませんか?
それは本当なんです。

例えば濡れタオルなんかはすぐに用意できますね。
今回は濡れタオルの効果のほどや、
その他加湿に効果的な方法をご紹介していきます。

加湿に効果があるとされる濡れタオル!本当に部屋は潤うの?

「濡れタオルくらいで本当に加湿効果があるの?」
と思ったかもしれませんね。

まず結論からいうと「効果あり」です。

これは室内に洗濯物を干すことと同じことですね。

濡れタオルが乾いていく際に、タオルに含まれている水分が
少しずつ空気中に放出されていくことにより、
部屋の空気が徐々に潤っていくのです。

さすがに加湿器のようにすぐ空気が潤うわけではありませんが、
わざわざ加湿器を買わなくてもOKと考えればいいですよね。

ではどれくらいの枚数が必要なのでしょうか?

一概に何枚とは断言できませんが、
目安としては8畳の広さに対して
大判のタオル(要はバスタオル)1~2枚です。

大判のタオル1枚を水滴が落ちないくらいに絞った場合、
約500ミリリットルの水分を含むことができると
言われています。

「え、バスタオルくらいの大きさじゃないとだダメなの?」
と思われたかもしれません。

もちろん小さなタオルでも効果はあるでしょう。

しかし!冬でも例え寝ている間暖房を切っていても
夜間は意外に乾燥するんです。

例えば私の場合だけかもしれませんが、
朝起きると喉が軽く乾いているんです。

それに夜に洗濯して室内物干ししておくこともありますが、
そんなに大きくないタオルくらいなら
余裕で乾いていますからね。

ですから大きめのタオルの方がオススメです。

家にある物で簡単に加湿出来る!本当に効果的な方法3選!

では、濡れタオル以外に
加湿代わりにできるものって何があるのでしょうか?

ここでは3つほど挙げてみます。

お風呂の後にドアを開けっぱなしにする

基本的に毎日お風呂に入りますよね
(シャワーだけだとしても)。

乾燥がひどい場合は、湯船に溜めたお湯を
そのままにしておいてもOKです。

コップなどに水を入れて置いておく

これが一番シンプルな方法でしょう。

部屋全体を加湿するには至りませんが、
1つの部屋だけとりあえず加湿したい場合などには
近くに置いておくといいでしょう。

お湯を沸かしておく

これはコップに水をいれておくことと似ていますが、
水の温度を高くするほど蒸発率がアップします。

ですから例えば鍋で水を沸騰させて
置いておくなどするとよいですよ。

まとめ

最初に紹介した濡れタオルと
そのあとに紹介した3つの方法、
これらを実践するのは難しくないですよね。

こうした日々のちょっとしたことが
大きな病気を防いでくれます。

仮にあなたが大丈夫でもお子さんがかかったら大変ですし、
あなたにうつってしまう可能性もあります。

ぜひ、日々気を付けながら
ウイルスが蔓延するシーズンを無事に乗り切りましょう!

-健康のこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.