季節行事のこと

お年玉で嫌われないために!金額やポチ袋のマナーをチェック!!

もういくつ寝るとお正月~

子供のころはお正月になるともらえるお年玉
が待ち遠しかった記憶があります。

でも気がつけばお年玉をあげる年齢になってしまいました。

 

昔は目上の人から目下の人に神様から賜った魂を
鏡餅として分け与えていたといいます。

それが転じて、現在では現金を渡すようになりました。

そんなお年玉ですが、
新年のごあいさつで顔を合わせる子供に
どのくらいの金額を包んでいますか?

小さな子供と高校生くらいの子供と、
同じ金額を包んでいいのでしょうか…?

お年玉の年齢別のおすすめ金額を一括チェック!

未就学の子供と高校生と同じ金額でいいのでしょうか?

自分がもらう側だったら…
さすがに嫌ですよね(笑)

 

わたしの場合は姉と協定?を結ぶようにしていました。

親戚の子供に渡すときに差が出ないようにしたかったからです。

その協定の内容は、
未就学児1,000円小学生2,000円中学生以上3,000円
というものでした。

 

では現在ではいくらくらい包むのが
一般的になっているのでしょうか。

少し気になったので調べてみました。

 

未就学児のお年玉は一般的に子供にあげるというよりは
大人同士のお付き合いとして渡すことが多いです。

その金額は1,000円から2,000円程度

未就学児に人気のアニメやキャラクターの
ポチ袋に入れて渡したら喜ばれそうですね。

 

小学生は低学年と高学年とで金額を分けている人も
多くいるようですがだいたい3,000円から5,000円程度です。

中には年齢×1,000円という人もいるようですが、
渡す人数が多くなると厳しいものがありますよね。

 

中学生は3,000円から10,000円とだいぶ渡す側に開きが出てきます。

小学生よりは差をつけたいということで
5,000円程度が一般的なようです。

 

高校生も同じように5,000円から10,000円の間で
渡されているのが多く、中学生の時よりは
金額を上げて渡す場合が多いです。

 

ですが、わたしのように身内で
あらかじめ金額を決めておく人や、
血縁関係の近さなどでも違いが出てきます。

 

またお年玉を何歳まであげるか悩ましいところでもあります。

わたしは就職するまではもらっていて
就職したとたんにあげる側になってしまいました。

今までもらっていた分を返すという気持ちでしたね。

お年玉のポチ袋のマナー!名前や金額を書くべき!?

親としては、誰からいくらもらったのかということを確認して、
以後のお年玉の参考にしたりする場合もあります。

また、親からお礼を言う場合にも
誰からもらったかという情報は必要です。

 

渡す側としてもポチ袋が多くなればなるほど、
どのポチ袋を誰に渡すのかを間違えそうになることもありますね。

 

自分がもらっていた時はどうだったでしょう。

わたしがお年玉をもらっていた時は表に私の名前
裏にくれた人の名前が書いてありました。

金額は書いてなかったので、ワクワクしながら
自室でこっそり開けたのを覚えています。

 

最近のポチ袋には、表と裏にそれぞれ相手の名前と
自分の名前を書き入れられるスペースが
ついているものも多くあります。

そのようなスペースがない場合は、
ポチ袋の表の左上に相手の名前を、
裏の左下に自分の名前を書くようにしましょう。

 

金額については、書いても書かなくてもいいです

 

名前も金額も書かなければいけないという決まりはありません

ですが、名前は書いておいたほうが親切ですね。

そして、小さいポチ袋の場合は四つ折りではなく
三つ折りで入れるのが一般的です。

まとめ

子供たちの年の初めのお楽しみ、お年玉。

景気や時代背景にもよるところがあるでしょうが、
多すぎず少なすぎず、ちょうどいい金額で
気持ちよく渡したいものですね!

-季節行事のこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.