お金のこと

年金の予想受給額っていくら?私はいくらもらえるの?確認してみよう

年金は、社会人の誰しもが関わる、大切なお金です。

高齢化社会に伴い、
保険料を支払っているのに貰えなくなるのではないか、
老後に貯金がなくなれば貧困生活になってしまうのではないか、
さまざまな情報や憶測が流れていて、
余計な混乱を招いています。

そんな漠然とした不安感から、
貯金に精を出す人も多くいますが、
いくら貯金するべきなのかを考えるためにも、
年金でいくら支えてもらえる可能性があるのかを
きちんと知りたいという方も多いのではないでしょうか。

年金の受給について、きちんと学んでいきましょう!

年金の受給権発生日!あなたは何歳からもらえるか知っていますか!?

年金は、何歳からもらえるか、きちんと理解していますか?

60歳くらいから…などと
漠然とした認識しか持っていない方も多いかもしれません。

それは、間違いとは言えません。

高齢化社会に伴って、
受給開始年齢は今後更に引き上げられると
考えている専門家もいますし、

日本以外の先進国でも、
年金は、1~2歳引き上げが、検討・実施されています。

現状としては、公的年金の加入期間が
25年以上あることを満たしていれば
原則65歳から、受給権が発生します

この加入期間というものも、
きちんと確認しておく必要があるのです。

年金には国民年金、厚生年金、共済年金があり、
自身がまずどの年金の保険料を支払っているかが重要です。

国民年金のみ納付してきた場合は、
納付期間の合計が25年以上ですが、

厚生年金(あるいは共済年金)のみの場合は、
その合計が20年以上ある必要があります。

また保険料の納付義務が発生してから、
受給権を得るまでに、国民年金から厚生年金へ変わったり、
その逆であったり、人によってさまざまです。

厚生年金と共済年金に複合加入している場合は、
合計が20年あれば受給権を得られますし、

国民年金と厚生年金を複合加入している場合、
厚生年金のみで20年以上、もしくは厚生年金と合わせて
25年以上納付期間があれば問題ありません。

自分自身が、いくらもらえるかという、具体的な金額は、
受給権が発生する年齢までにおける、
職業、就労形態などによって、かなり変動します。

その為、現段階(受給権がない年齢)で
細かい金額の判断は難しい部分もあります。

しかし、自分がどの保険料を支払っているかがわからなければ、
おおよその想定額も考えることができませんので、
日頃から年金の基本的な仕組みや動向をおさえておくことは、
マストといえるのです。

年金の受給を前倒しできるけど、大きく減額されるから要注意!

年金には繰り上げ請求という制度が存在し、
最大5年前倒して60歳から受給を開始することが可能です。

早くから支給してもらえたら生活は助かるかもしれませんが、
繰り上げせず65歳から受給した人に比べて、
支給率は下がります。

具体的には、1か月繰り上げるごとに0.5%が減額されます。
最大で5年間(60か月)繰り上げることができるので、
0.5%×60か月=30%減額されることになります。

繰り上げ請求が受理され受給権が発生すると、
その後取り消しや変更ができなくなるので注意が必要です。

また、寡婦年金を受け取っている場合、
寡婦年金の受給権は消滅します。

 

繰り上げとは逆に繰り下げることも可能です。
年金の受給を繰り下げた場合、支給額は上がります。

具体的には、1か月繰り下げるごとに0.7%が増額されます。
最大で5年間(60か月)繰り下げることができるので、
0.7%×60か月=42%増額されることになります。

繰り上げ、繰り下げによる増減は一生涯続くことになるので注意が必要です。

 

では実際、いつから受給するのが得策なのか
疑問に思う方も多いでしょう。

現時点では、繰り上げ受給した場合の受取総額は、
繰り上げしなかった場合と比べ、78歳頃にほぼ同額となります。

つまり、78歳以上生きられると考える場合、
65歳から受給した方が得策といえるのです。

まとめ

年金には今回紹介したような繰り上げ制度だけでなく、
遺族年金や障害年金など、さまざまな年金の種類があります。

今は関係がないことであっても、
今の時期から考えておかなければ、
知らないうちに権利を喪失して、損をしていたり、
不要な策を練っていたりすることがあるのです。

受給を目前にしてから悩む前に、
知識を身に付けておくことはとても大切なことだといえます。

また、年金の受給年齢や金額などを総括して
「年金問題」として日本では議論が進んでいる最中です。

敬遠されがちな政治や経済に目を向けることも、
自分の第2の人生を考える上で必要になってくるのです。

-お金のこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.