お金のこと

年金についてわかりやすく教えてほしい!何故もらえないのに払うの?

年金手帳大人になれば誰しも直面することになる、年金の支払い

会社に属する方々は
給与から自動的に天引きされているけど、
本当に意味があるのか…
と不安に思う方も多いですよね。

そして今後の高齢化社会へ進むにしたがって、
その不安は大きくなるばかり…。

そこで、年金の基礎的なしくみについてご説明します!

年金をもらえないかもしれない世代って?本当はどうなの?!

年金はもらえるのか、もらえないなら支払いたくない…
そうお考えになる方もいますよね。

しかし、もしあなたが年金を一切もらえないとするならば、
それは、あなたが保険料を全く納めていない場合か、
国が破綻し、法律を根本から変えたときでしょう。

後者のような事態が起こるとは到底考えられません。
とすれば、年金を納めてさえいれば、
もらえると言えるのではないでしょうか。

確かに、保険料を支払わず、
その分、貯蓄をたくさんしておいた方が目に見えて
安心感があるという人もいます。

しかし貯蓄が「減る一方」、
年金は「死ぬまで受け取れる」ものです

自身がどのぐらい生き、
どのようなリスクがあるかは予想することができません。

予想外の出費が重なったときや、
思わぬ怪我や病気になったとき、
貯蓄だけでは賄えない可能性も否定できません。

その点、年金は単に受け取り続けられるだけでなく、
けがや心身に障害が残ったときに受けとることのできる
障害年金というものも存在するのです。

また、保険料未納者の増加や高齢化社会で
今後年金が破綻しないか、
それを考えてなんとなく払うのを止めているのであれば、
それはきちんと年金のしくみや政治の動きについて、
少し学ぶことをオススメします

日本の年金は決してそのような単純な仕組みや
資金繰りで成立しているわけではありませんし、
国には積立金も存在します。

ギリギリの状態でお金を回しているわけではありません。

年金未納者が増加しているとはいっても
全体で見れば、大きな割合ではありませんし、
年金未納者が増えるということは見方を変えれば、
国が給付する金額が減るということ。

一時的な減少はあっても、きちんと納めている方の
給付金額への影響は少ないといえます。

また高齢化社会にむけて、年金を確保するために、
消費税の引き上げや給付開始年齢の引き上げなどの
調整をしなければならないことは避けられないですが、
全く受け取れない、制度がなくなるという事態は
まずないというのが現状です

また、年金のことを含めた社会保障について
真摯に考えている政治家や政党を見極めるため、
有権者が政治の流れに関心を持ち、
選択することは漠然とした不安を減らす一手になります。

国が破綻すると推測し、
保険料を納めずせっせと貯蓄するのか、
きちんと学び知った上で今後納付していくのか、
どちらを選んでも、罰則はありませんが、
前者を選んだ場合、老後にどうあがいても、
原則年金が給付されることは今の法律上ありません。

今更人に聞けない!年金制度についてわかりやすく簡単に教えて!

年金にはさまざまな制度や、種類があり、
よくわからないままにしている方も
多くいるのではないでしょうか。

年金制度の基本的な流れを押さえておきましょう!

まず自身の労働環境によって、納める保険料、
もらえる年金がそれぞれ違ってきます。

労働環境を会社員、自営業、公務員、専業主婦(夫)に分類し、
厚生年金、国民年金、共済年金をそれぞれ納めることが必要です。

納める期間は25年以上~40年とされていますが、
期間を満たせなかった場合や、
納付漏れに対する救済制度もあります。

そして、納めた年金の種類や期間によって、
もらえる年金が変わります。

どのような労働環境においても、
保険料の納付期間を満たしていれば、
受けとることの出来るのが基礎年金です。

厚生年金や共済年金を支払っている会社員や、公務員は
それに加えて、「報酬比例部分」という上乗せがあり、
さらに公務員に関しては
職域加算」と呼ばれるものも加わるのです。

この会社員と公務員の年金格差は
以前から問題となっていることですし、
女性の社会進出が著しい中、
働く(保険料を納めている)主婦も
働いていない(保険料を納めていない)専業主婦も
基礎年金はもらえる、という今の制度に関しては
今後、問題視されるのではないかという意見もあります。

また、年金を受け取ることが出来る年齢は
65歳からとなっていますが、
先進諸国で受け取り開始年齢の引き上げが行われているように、
今後、1~2年遅れる可能性も示唆されています

まとめ

年金について、漠然としかわからないまま払うのを止めたり、
どうせもらえないからと、貯蓄に精を出したり、
なんとなく不安になったりしている方は、
まずきちんと「知る」ことが大切です

情報過多の時代に、
表層だけの情報ですべてを判断するのではなく、
本質を知り、取捨選択をしていくことは、
今後あらゆる場面で必要不可欠なことではないでしょうか。

中でも年金は、生きていく上で、
誰しも軽視することのできないものです。

国を司る政治家たちにとっても、悩ましい問題のひとつであり、
どのように改革を進めていくのか
今後も議論を重ねていくでしょう。

そうした動きにも注視しながら、
年金について向き合っていきたいですね。

-お金のこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.