家事のこと

部屋干しの臭いを取るにはエアコン・除湿器どっちがいい?徹底検証!

部屋干し

これから梅雨がやってきますね。

梅雨ということは雨が多い季節。

雨が多いということは洗濯物が
外に干せないことが多くなる季節でもありますね。

とくに男性の1人暮らしで仕事が忙しい人だと
休日にまとめて洗うことも多いですよね。

しかしそんな休日でさえ雨...

部屋干しせざるを得ないことがありますよね。

そうなると臭いが気になる…

そこで部屋干しの臭いを避けるために
乾かす時間が短いことが重要となります。

その時にエアコンや除湿機が効果的になってきますが、
電気代が気になるところ…

また重曹を使うと臭いが防止できる
ということを知っていましたか?

今回はこういった噂を検証していきます!

部屋干しは早く乾燥させるのが◎エアコンと除湿器はどっちが優秀?

部屋干し エアコン

部屋干しの時間を短くするのにまず思いつく方法が
「エアコン」と「除湿機」だと思います。

ではどちらを使った方がいいのでしょうか?

電気代を比較してみましょう。

まずはエアコン(の除湿機能)。

家電の電気代は
【使用時間×消費電力×新電力料金目安単価】
から計算することができます。

エアコンは畳単位で消費電力が変わって
くるのですが、1時間使用した場合、
おおよそ次のような料金になります。

  •   6畳:11.88円
  •   8畳:13 .5円
  • 10畳:15.12円
  • 12畳:19.44円
  • 14畳:21. 6円
  • 16畳:28.08円

 

次に除湿機の電気代です。

除湿機には大きく分けて以下の3種類があります。

  • コンプレッサー式
  • デシカント式、
  • 両方を併せたハイブリッド式

この中で「コンプレッサー式」
電気代が一番安いです。

そのコンプレッサー式除湿機を
1時間使った場合のおおよその電気代は6.75円です。

ここまで比較すると除湿機の方が圧倒的に安いですね。

しかしこれだけで決めてはいけません。

というのも
エアコンと除湿機では洗濯物が乾くのに
必要な時間が違ってくるからです。

東京電力が公開したデータによると、
エアコンは2時間46分
除湿機は3時間49分となっています。

今度は乾くまでの時間に焦点をあてると
エアコンの方が早いということになってくるんです。

 

ではここで、6畳の広さで洗濯物を
乾かした時の電気代を比較してみましょう。

そうするとエアコンは32.86円
除湿機は25.76円になります。

ということは除湿機の方が総合では優秀と言えますね。

しかし!

ここで「エアコン+扇風機」という
組み合わせを考えてみてほしいのです。

扇風機の1時間あたりの電気代はおおよそ1.08円

エアコンと扇風機を組み合わせて
使用した場合の洗濯物が乾く時間は2時間とされています。

その場合の電気代は25.92円となります。

それでもまだ除湿機の方がわずかに安いですが
「エアコン+扇風機」なら2時間で済むことを考えると、
この方法が1番だと言えそうですね。

洗濯方法でかわる?部屋干しの臭いを防ぐのに重曹は有効なのか!?

重曹

さて部屋干しの際に有効な手段についてはわかりました。

しかしまだ臭いの問題が残っていますね。

最近では洗剤も進化していて、
部屋干しの際の臭い対策がされてきています。

そんな中で「重曹」が効果的という
ことを聞いたことはありませんか?

どうやるのかというと、
バケツなどにぬるま湯を入れ、重曹を大さじ3杯程いれます。

そうしたらそこに臭いが気になる洗濯物を入れて
30分くらい放置するだけ。

あとはいつも通りに洗濯するだけです。

しかも重曹は100均で買えるのでとても経済的ですね。

また重曹はいつも通り洗濯機を使う際に
洗剤と一緒に入れても効果があるそうです。

まとめ

乾かす方法に関しては、個人的には
家電を2つ(エアコン+扇風機)使う方が
電気代がかかるかと思っていましたが
まったく逆だったことに驚きました。

また臭い対策が100均でも買える重曹で
解決できることも新鮮で新しい知識でした。

あなたも部屋干しの問題から解放されましょう!

-家事のこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.