お金のこと

何から手をつければいいの?貯金できない家庭にサヨナラしたい!

貯金できない!

と嘆いている人のうちその原因はなんでしょうか?

収入が少なかったり、お金の使い方に問題がある場合が多いです。

入ってくるお金から、使わなくてはならないお金の差額が
はっきりと掴めないことには少しの貯金も望めません。

貯金ができない!
と嘆く前に、そんな家庭の体質を変えてみることが必要です。

毎月決まって出る生活費を計算しよう!貯金できない生活から脱出!

お金がない!と嘆く人はお金に対して
執着心が薄い人が多いと感じています。

たとえば、「毎月、いくらくらい収入があるのだろうか?」
と考える余裕もなくなってはいませんか?

また、お金に対しての価値観なども
きっと周りの人達とは違うはずです。

お金のありがたさ、それはいったい何なのだろう?
としみじみと考えることも少なくありませんか?

 

貯金ができない人の多くは、自分にはどれほどのお金が入り、
どれほどの支出が毎月待っているのかを計画的に考えていません

生活を、毎月安定的に営んでいくには、家計簿を付けたり
しっかりとお金の管理を考えていくことが大切です。

まずは毎月の支出をきちんと計算してみましょう!

そして、毎月のお給料を20万円収入としてあるのであれば、
そのうちの2割~3割はなかったことにして貯金をしていきます。

この点で大切なことは「なかったお金」というのがキーワードです。

とくに、あとからでも「あのお金がある」ということを
ぼんやりと頭の中にあるのであれば、それは貯金としてはNGです。

子どもが多ければ多いほど貯金へ回す金額が低くなってしまいますが、
できる限り貯金へ回すようにしましょう!

そして貧乏体質から抜け出すことも大切です。

それには、お金に対する具体的な考え方も持ち、
お金が貯まる家庭の体質に変えていかなくてはいけません。

貯金したい人は先に積み立て!余るのを待ったら貯金できない!

毎月決まった収入がある人は
お給料から「貯蓄する分を天引きしてもらう
といった方法があります。

財形貯蓄」や「社内預金制度」というものです。

自分で銀行に貯金へといくわけでもないので、
自然と貯金が貯まっていきますよ。

そしてこれは、毎月の給料明細でもだんだんと貯蓄が貯まっていくのが
確認できるので貯金が楽しくなります

最近はお給料も直接銀行振り込みになっているので、
あまり給料明細を確認することもないかもしれないですが…

とはいえ、給料から天引きして貯蓄に回す場合も、そうでない場合も、
給料明細を確認することは大切です!

しっかりと貯金を考えているのであれば、
給料明細を確認することをおすすめします。

給与明細を確認することで、
どのくらいのお金を使えるかがわかりますよね

そうすると、しっかりとした支出の計画を立てることができます。

「貯金したいけれども使いすぎてできなかった…」
ということもなくなるでしょう。

最近は、入ってくるお金よりも
出ていくお金の方が多い家庭というのも多く見られます。

他人からは高収入だとみられるのに、
なぜだか貯金ができていないお宅です。

そのような場合、何もかもが高級志向になっている可能性があります。

さらに年収の多さからお金を借りやすいといった傾向もあり、
借りてしまった以降の生活が逆に苦痛になっていることも…

それでは、毎月の支払に追われ、収入があったとしても、
とても貯金どころではありませんよね。

給与明細を確認し、使えるお金を把握して、
日々の生活も見直すときっと貯金をすることができますよ!

まとめ

毎月の目標を決めていくらかを
先取りして貯金しておくことが大切です!

貯金できない家庭内での問題をしっかりと把握することで
少しづつでも貯金ができていきます。

また、何のために貯金しなくてはならないのか、
目標を立てて貯めてみることも必要です。

漠然と貯金をするより、目標をもって貯金をする方が、
モチベーションも維持できますよ!

-お金のこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.