家事のこと

シンクの水垢を落とすには?重曹をクレンザーに使えばピカピカに!

シンク

料理をする場所だからいつもキレイにしておきたい。
でも毎日使うから汚れがち。

あなたは、「シンクの水垢」
に悩んでいるのではないでしょうか?

水垢の原因が何かご存じでしょうか?

実は、水道水のミネラル成分なんです。

水は蒸発してもミネラル成分は蒸発しないため、
それが残ってしまい水垢になります。

水垢は放っておくと
どんどん積み重なって固く取れにくくなります。

そこに油汚れまでが付いてしまったら…
料理するのも嫌になってしまいますよね。

では、どのように水垢をキレイに落としてピカピカの
シンクにすることができるのでしょうか。

賃貸に住んでる方でも傷をつけることなく、
安心してきれいに水垢を落とす方法をご紹介します。

まずシンクにできた軽めの水垢なら、
食器用の洗剤をスポンジにつけて少し磨くだけ
キレイになります。

でもある程度の時間が経ってしまった頑固な水垢には、
クリームクレンザーなどを使用しなければ落ちません。

しかし、クリームクレンザーは研磨剤ですので
シンクを傷をつけてしまう可能性があります。

ですから研磨率の低いものを使いましょう。

でも料理をするところだから、
自然由来のものを使いたいですよね。

そこでオススメなのが重曹です。

頑固なシンクの水垢にはまず重曹!ところでどうやって使うの?

重曹

重曹の使い方はいたって簡単!

濡らしたスポンジに重曹を付けて、
シンク全体を円を描くように磨くだけ!
そのあと水で流せば終了!

重曹はアルカリ性なので、
酸性の油汚れもキレイに落とすことができます。

なおかつ研磨効果で
水垢も落とせますので一石二鳥です。

重曹は粉なので、スポンジに付けて磨くのが
なんとなくやりにくいなと感じたら、
先に重曹のペーストを作っておくと簡単です。

重曹と水2:1の割合で作れば、
ドロッとしたペーストになります。

重曹ペーストをスポンジに付けて
シンクを磨いてください。

もっと楽な方法も知りたい!シンクを痛めない水垢の落とし方とは!?

霧吹き

シンクの汚れ掃除、力もいるし大変です。

もっと楽に掃除できないだろうかと思いますよね。

そのためには日頃からこまめに掃除をしましょう。

洗い物が終わったら、そのままシンクも磨き、
最後にしっかり水を拭き上げます。

そうすることで、水垢のこびりつきを防ぐことができます。

でも忙しい主婦にとって、料理して後片づけをして、
最後にシンクもピカピカに拭いてって大変ですよね。

そこでクエン酸水の登場です。

クエン酸がなぜ簡単に水垢を落とすことができるのでしょうか?

クエン酸は酸性で水垢がアルカリ性のため、
中和し合うことで水垢が柔らかくなり
落としやすくなるんです。

では、どのようにクエン酸を用いて
水垢を落とすことができるのでしょうか?

まず、スプレーボトルにクエン酸と水を入れます。

水が200mlに対してクエン酸は小さじ1ほどで十分です。

それをシンクに吹きかけます。

シンクの垂直面にはキッチンペーパーなどを用いて、
吹きかければしっかり水垢に密着させることができます。

蛇口などにもキッチンペーパーを使いましょう。

その後1時間ほどそのまま放置します。

汚れがひどい場合は、もう少し放置時間を延ばしましょう。

そのあとスポンジで軽くふき取るように磨けば終了です。

お肌が弱い方はクエン酸がヒリヒリすることもあるので、
手袋をして作業することをオススメします。

クエン酸が酸性ということですので、
酸性のものであれば代替可能です。

クエン酸がない時はレモン汁お酢を使うことができます。

もし取れない頑固な水垢の場合は、
メラニンスポンジに重曹ペーストで軽く磨くとキレイになります。

メラニンスポンジは研磨効果もありますので、
強く磨くすぎないように注意してください。

傷の原因になります。

まとめ

シンクの頑固な水垢の汚れ。

放っておくとあとで掃除が
とても大変になってしまいますね。

ぜひ気づいた今日からシンク磨きをオススメします。

一度キレイになった後は、日頃から最後にシンクを
拭きあげ、ピカピカを維持しましょう。

キレイなキッチンで毎日楽しく料理ができますように。

-家事のこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.