生活のこと

【簡単な眠気覚まし】寝ちゃダメ!そんなときにできる簡単な眠気覚ましの方法

眠っている女性

どうしてもやらなければならないことがある。

でもどうしても眠い……。

そんな状況って、あなたも一度は遭遇したことがあると思います。

これは夜に限らず、昼間もそうです。
ご飯を食べたあとや午後のぽかぽかした陽気で
眠くなってしまうこともあるますよね。

かく言う私もそういうタイプの人間で、
眠気に全く抗えません。
夜はともかく、昼間もです。

そこで今回は、
私が試してみて効果があった眠気覚ましの方法
を4つ紹介したいと思います!!!

  • 寝る時間と起きる時間を一定にする
  • シャワーを浴びる
  • ガムやタブレットを食べる
  • コーヒーを飲む

この4つ!

常日頃から取り組んでみて効果があったものや、
突発的に起きていなければならなくなったときの方法など、
場面に応じて使い分けてくださいね。

寝ることってとても幸せですが、やりたいことのため、
活動できる時間を増やせますよ☆

寝てはいけないときの眠気覚ましの方法!

目をこする女性

1.寝る時間と起きる時間をできるだけ一定にする

実体験なのでこれは間違いないです!

普段から寝る時間と起きる時間をきちんと固定するだけで、
昼間の眠気をだいぶ防ぐことができます!

寝る時間と起きる時間を固定するということは、
体内時計をきちんと動かすということです。

毎日同じ時間に起きて、毎日同じ時間に眠っていれば、
身体が「この時間は寝る時間なんだな」「この時間は起きる時間なんだな」
と理解して、昼間もちゃんと起きていられるようになりますよ。

起きる時間と寝る時間が定まっていないと、
体内で勝手に時差ボケが起こってしまい、
昼間なのに眠くなったり夜眠れなくなったりします。

時間を決めることで身体の調子も決まり、
活動しているときのパフォーマンスも上がること間違いなし!!

とはいえ、この方法では眠くなってしまった時に
眠気を覚ますことはできません。

以下では手軽に眠気を吹き飛ばす方法を紹介します!

2.シャワーを浴びる

眠くなってしまったとき、
シャワーを浴びることができる環境にいるなら、
シャワーを浴びることもオススメです!

体温が上がると、人の体は目覚めます。

外から身体を温め、身体を目覚めさせましょう!

ただし反対に、体温が下がると眠くなってしまうので、
シャワーを浴びたあとも身体を冷やさずにいるように心がけてくださいね。

この法則があるので、夜はちゃんとお風呂であたたまってから
ベッドに入ったほうが、よりぐっすり眠れます。

睡眠って、人の身体と密接に関係してるんですねー。

3.メントール系のガムやタブレットなどを食べる

メントール系の香りには眠気覚ましの効果があるので、
すっきりと爽快な気分にしてくれます。

ガムやタブレットでもいいですし、
そういった香りのするスプレーを首元に吹くだけでも効果がありますよ。

爽快感を与えてくれる香りなので、
シャキッと頭が冴えますし、集中力も高まります!

4.コーヒーを飲む

コーヒーとコーヒー豆

これはもう有名ですよね。

コーヒーや紅茶などには眠気覚まし効果のある
「カフェイン」が含まれているので、それを飲んでください。

特にブラックコーヒーがオススメ!
スーパーやコンビニで手軽に手に入れられます。

モンスターエナジーやレッドブルなど、
カフェインを多く摂取できる栄養ドリンクみたいなものもありますが、
あまりオススメはできません。

なぜなら、元気の前借りをするための飲み物だからです…

そのときは目が覚めるかもしれませんが、
あとから身体がしんどくなってしまいますよ。

意地でも起きていなければならない場合は仕方ないかもしれませんが、
それ以外の場合であればやはりコーヒーをオススメします。

まとめ

やりたいこと、やらなければならないことが多く、
眠くなってパフォーマンスが落ちるのは嫌だ!

という人は、ぜひこの4つを試してみてください。

  1. 寝る時間と起きる時間をできるだけ一定にする
  2. シャワーを浴びる
  3. メントール系のガムやタブレットを食べる
  4. コーヒーを飲む

個人差があるのでどれが一番効くのかは試してみないとわかりません。
ですがどれも眠気覚ましには効果があると言われている方法です。

昼間に眠くなるのを避け、
仕事も遊びも思いっきりできたら楽しいですよね♪

-生活のこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.