生活のこと

雪国以外も準備して!雪かき道具を揃えて大雪対策をしよう!

雪国

各地で雪が降り始めて本格的な冬が到来しました。

近年では都市部にも
年に数回雪が降り積もるようになりましたね。

ホームセンターなどでは雪かき道具が並び始めました。

でも、種類豊富になってきている雪かき道具、
どれを選んだらいいのでしょうか。

まずは手軽なスコップを用意しておきましょう!

雪かき道具にも色々ある!雪の種類に合わせた物を使おう!

雪かき

使う雪かき道具を間違えると足腰や腕が痛くなったりします

積もったばかりの雪や、
溶け始めて重たくなってしまった雪など、
雪の状態に合わせて選びたいですね。

雪かき道具は大きく分けて3種類あります。

まずはスコップ・ショベルタイプ

金属製のものからプラスチック製のものまで
幅広く作られています。

金属のものは、アルミ製のものが多いので
思っているよりも重たくありません。

降り積もったばかりの軽い雪や積雪が少しだけの場合
スコップで除雪がしやすいかと思います。

 

次にスノープッシャーと呼ばれるラッセルタイプの道具です。

柄の先には半円やかまぼこを横にしたようなかたちの
除雪器具がついています。

雪を持ち上げて除雪するスコップタイプと違って、
地面に積もった雪を押してどかすイメージです。

少し水っぽくなって重たくなってしまった雪も
押すだけで除雪できるので
足腰や腕に負担がかかりにくくなっています。

また、横幅が広いので
ある程度の面積を除雪するのには効率的です。

 

次にスノーダンプタイプ

「ママさんダンプ」ともいわれています。

これはある程度まとまって積もった雪を
どかすときに効率がいいです。

これも金属製のものからプラスチック製のものまであり、
サイズも大小さまざまです。

スコップやスノープッシャーでは運びきれない雪も、
スノーダンプなら一度にたくさんの雪を運ぶことができます。

迷ったらこれ!雪かき道具!人気なのはやっぱりこれ!!

雪かきスコップ

たくさん種類はあるものの、
年に何度も降らない場所に住んでいる場合など、
そんなに本数がいらない場合は
どれを選んだらいいのでしょうか。

雪かき道具に迷ったら
とりあえず選んでおきたい雪かき道具はスコップです。

先ほども述べたように、
最近の雪かき用のスコップは金属製でも軽く作られています。

また柄の長さが調節できるものや、
分解してコンパクトに収納できるものもあります。

自動車を運転する人なら、
一つ自動車に積んでおくのも便利ですね。

プラスチック製のものも、
スコップの先端に金属がついているものが多く、
固くなってしまった雪もつついて割ることができます。

雪かき道具の中でもさまざまな形、
素材のスコップが一番の売れ筋のようです。

次に売れているのはスノープッシャーです。

スノープッシャーを使用すれば、
一度に幅広く除雪できますし、
雪を持ち上げなくてもどかすことができます。

スノープッシャーの中でも
車輪がついていて押しやすくなっているものもあります。

少ない力で効率的に除雪できる雪かき道具や、
女性やお年寄りでも使いやすい雪かき道具もたくさんあるので、
ホームセンターなどに行って買う場合は、
手に取って重さなど使い勝手を確認するのがいいですね。

まとめ

わたしが生まれ育った場所は国内でも有数の豪雪地帯でした。

自動車で出勤するにも、
まずは駐車場の除雪をしなければ自動車が動かせない、
家の外に出るにもまず除雪…そんな地域です。

屋根の上にのぼって雪を下す「雪下ろし」もしなければ
家のふすまが開きにくくなります。

そんな豪雪地帯で活躍していた雪かき道具は
金属製のスコップとスノーダンプでした。

一晩で何十センチも積もる地域だったので、
一度にたくさん除雪できるスノーダンプは
一家に人数分ある家庭も少なくありません。

比較的雪の少ない地域に引っ越してから、
ホームセンターでプラスチック製の雪かき道具を見たときは
「場所が変われば…」とビックリしました。

住んでいる地域や降雪の回数、賃貸や住宅など
さまざまな生活スタイルによって
雪かき道具を選びたいものです。

-生活のこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.