ペットのこと

熱帯魚を飼育したい!初心者向けのオススメの水槽と熱帯魚とは!?

熱帯魚

美しい水槽の中を優雅に泳ぐ熱帯魚。

時間を忘れて見入ってしまうのは私だけではないはずです。

色もカラフルなものが多く、大きさもさまざまです。

 

自分の家にアクアリウムがある生活はどうですか?

今は便利な器具もたくさん販売されていますし、
匂いも鳴き声もありません。

お部屋のインテリアとしてアクアリウムを
作ってお部屋に設置しているいる方もいます。

 

今回は初心者向けのアクアリウムの作り方や
初心者にも飼育しやすい熱帯魚を紹介します!

熱帯魚初心者さんが知りたい!水槽セットなど設備の予算はどのぐらい?

水槽

まず用意するものは、

  • 水槽
  • ろ過装置(フィルター)
  • 水温計
  • ヒーター
  • 照明

ここまでは水槽と一体型になっている
水槽セットも市販されています。

初心者の方なら、水槽セットなどで
一度にそろえるのがいいでしょう。

これらのほかに必要なものは、

  • 水槽に敷く砂利

インテリアにもなり、水をきれいにする
バクテリアの住処にもなります。

 

  • 水質測定用試験紙

水槽の水の水質測定に使います。

水槽を一から作る場合は熱帯魚を入れる
タイミングの参考にもなるので持っておくといいでしょう。

 

  • カルキ抜き液

水道水には微量ですが塩素(カルキ)が含まれています。

人体には無害でも熱帯魚に塩素は有害です。

なので塩素を抜く液を水道水に入れて、
熱帯魚が生育していける水を作ります。

 

  • 熱帯魚の餌

今はたくさんの種類が販売されています。

水槽に入れる熱帯魚の種類によって
決めましょう!

 

  • 水草

水草は、それだけでも一つの水槽が
出来てしまうほど奥深いものです。

水槽はアクアリウムには欠かせない要素ですが、
初心者ならそんなに身構えずに
設置する場所と水草の種類や色などを
考えておくといいでしょう。

本物ではなく、プラスチック製の水草も売っていますよ。

 

  • プロホース

底砂にたまっているゴミやふんなど有害な物質を
吸い出し水替えができる掃除グッズです。

 

メンテナンス用に、

  • バケツ
  • 生体用ネット
  • 苔とり用掃除道具

などもそろえておきましょう。

 

これらのものはお店に出向いて買うよりも
アマゾンなどの通販サイトでまとめて買うのがベストです。

水槽は大きなものになると運ぶのが大変ですし、
お店に出向いても好みのものがなかったなんていうことも
なきにしもあらず…

 

そして予算ですが、おおむね2万円前後
と考えておくといいでしょう。

熱帯魚初心者さんにオススメ!水槽セットと飼いやすい熱帯魚を紹介!

熱帯魚

初心者の方にお勧めなのは
やはりオールインワンになっている水槽セットです。

上記にも書きましたが、

  • 水槽
  • ろ過装置(フィルター)
  • 水温計
  • ヒーター
  • 照明

がセットになって売っています。

 

水槽のサイズなどによって値段は変わってきますが、
一つずつそろえるよりはお買い得になっています。

60センチの水槽サイズで、
だいたい5,000円前後で販売されています。

 

そして初心者の方でも飼育しやすい熱帯魚は、
一例ですが…

  • 「ゴールデン・ミッキーマウスプラティ」

尾ひれの近くにミッキーマウスが
いるような模様がついているのが特徴です。

 

  • 「ネオンテトラ」

ブルーと赤に輝くオーソドックスな熱帯魚です。

水質の変化に強く、お値段もお手頃!

 

  • 「ラミーノーズ・テトラ・マナウス」

顔が赤く、尾ひれは黒と白の縞模様です。

エサはなんでも食べるので初心者向き。

 

  • 「トランスルーセントグラスキャット」

ナマズの仲間ですが体が透明で骨や内臓が透けて見えます。

 

  • 「ヤマトヌマエビ」

アオミドロなどの苔を食べてくれるエビです。

値段もお手頃で水槽もきれいにしてくれます。

 

  • 「コリドラス」

ナマズの仲間です。

底を泳ぎ回るのでエサの食べ残しを掃除してくれます。

まとめ

綺麗なアクアリウムは
お部屋のアクセントとしてもとても素敵ですね。

また水槽の中を泳ぎ回る熱帯魚に
日々の疲れをいやしてもらえそうです。

飼育しやすい熱帯魚からスタートして
徐々にランクアップさせていくのも楽しみの一つですよ!

-ペットのこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.