恋愛のこと

ずっと片想いしてた先輩から告白されて付き合う事が出来た3つの方法♡

カップル

あなたは「好きな人の彼女になりたい」と悩んでいませんか?

  • 「長い間片想いしてるけど告白する勇気がない…」
  • 「どうせだったら向こうから告白されたい!」
  • 「他の女子と仲良くしていて嫉妬するけど彼女でもないし何も言えない…」

私は中学校2年生から
ずっと片想いしていた2つ年上の先輩がいました。

その先輩は私が通っていた学校とは別の中学校です。

私と同じ中学校で部活の先輩だった人の友達で、
よく遊んでいたのを知っていて
めちゃくちゃかっこよくて一目惚れでした。

何度かたまにうちの中学校の部活に顔を出したり、
地元のショッピングモールなどでも何回か見かけましたが
もちろん何もありませんでした(笑)

あっちは私の存在すら知らないので…。

私が知っていたのも名前と通っている高校くらいです。(笑)

そして私も受験のシーズンになり、特にやりたいこともなかった私は迷わず
「先輩のいる高校に行きたい!」
と思い先輩と同じ高校の別の学科を受験しました。

そして見事合格!!でした。

同じ学校内に先輩がいて少し近づけただけでもよかったんですが…

他の女子と仲良くしていたりするのを
目にしちゃったりしてショックを受けたり…(笑)

いいことばかりじゃないんだなぁなんて思いながら、
先輩の彼女になりたい思いが強くなっていきました。

先輩が卒業するまでに絶対告白しよう(この時点で連絡先も知らない…(笑))
と決めた私は、とにかくまずは振り向いてもらえるようにたくさん努力しました!

と言っても、高校生に簡単にできる範囲内ですが…(笑)

その結果、私が告白する前に先輩から告白してもらい
付き合えることになった上に、今ではなんと旦那様です…!

そんな私が実践した、好きな人の彼女に近づける方法を教えちゃいます♡

それは、

  • 自分で満足できる容姿にする
  • SNSを活用する
  • 思い切って挨拶をする

この3つです。

騙されたと思ってぜひやってみてくださいね!!

好きな人とお近づきになれる♡私が試した3つの方法!

髪を切る

その1.まずは自分の容姿を自分で満足できるレベルにする!!!

私ははっきり言ってめっちゃブスでもめっちゃ可愛くもないです。

普通〜の顔です。

でも絶対顔もその他も可愛い方がいいに決まってますよね。

だったら自分でどうにか頑張るしかないんです!

とは言っても当時は高校生です。

整形なんてできませんし、髪の毛もおしゃれにできません。

とにかく私は「香り」「髪質」「スタイル」にこだわりました!!

休みの日に遊ぶような間柄なら
ファッションなどに気を使えるのでそれもありです♡

香水なんてつけていくと先生に呼び出しを喰らってしまいます。(笑)

なのでヘアスプレーやシャンプーなど、いい香りのものを使うようにしました。

きつすぎないし、通りすがった時に「あ、いい匂いだな」
と思ってもらえるさりげなさを出してくれるのでおすすめですよ♡

香水のような人工的な香りが苦手な男性も多いです。

ちなみに私の旦那さんもそうでした!

なので自然にふわっといい香りがするくらいがちょうどいいんです!

後から聞きましたが、通るたびにめっちゃいい匂いしたと言ってました(笑)

 

全日制の普通の高校では髪の毛を染めてはいけないところが多いですよね。

私の高校もそうでした!

なので、少しでも好印象を与えたくて髪質には気をつけるようにしていました。

まず、お風呂に入った後はすぐに絶対ドライヤーで乾かしてから寝ます。

ドライヤーの時にヘアケアオイルやクリームを使ってました!

ドライヤーの熱から髪を守るためです。

そして、たまに美容室でトリートメントしてもらったり。

でも高校生が頻繁にいける金額ではなかったので
本当にたまにしかいけませんでしたが…(笑)

ちなみにセミロングくらいの長さでしたよ。

バレたら怒られますが、毛先だけは地味に内巻きワンカールしてました!

全然バレませんでした(笑)

 

あとはスタイルです。

制服で1年中見えるのが足ですよね。

私は中学校の頃、体育会系の部活をやっており、
自分でもスタイルはまぁいい方だとは思ってました。

ですが、高校ではアルバイトをしていました。

なので体重が増えすぎないように注意したり、
ムダ毛の処理など何かしら足だけは特に頑張ってするようにしていましたよ!

モデルさんなどを目標にするのも1つの手かもしれませんが、
目標が高すぎると挫折しますしあまりおすすめしません。

そちらの方がやる気が出る!
という人はそれでもいいんですが…(笑)

とにかく自分で、この状態で告白して振られても後悔しない!
という状態にすることができればそれでいいんです。

その2.SNSを思い切ってフォローして自分の存在をとりあえず知ってもらう

相手がSNSをやっている人に限ってしまいますが、
今ではInstagram、Twitterなど色々ありますよね。

とりあえずまずSNSをフォローして、
あなたのこと私は知ってますよ!とアピールします。

その時、メッセージは何も送らなくて大丈夫!

とりあえず知ってもらえればそれでいいし、
ガツガツいくと引かれてしまう可能性もあるので。

私が実際にフォローした、
というか友達申請を送ったのがFacebookです。

先輩が唯一やっていたものだったのですぐにアカウントを作って、
プロフィールだけを設定して友達申請しました。

すると2日後くらいに申請許可と先輩からも申請が来たんです…!!

もう嬉しくて嬉しくて舞い上がりました(笑)

その時初めて、先輩に存在を知ってもらえたんです!

「この子同じ高校の1年生なんだな」
「この子こんな顔なんだ」
「この子こんなのが好きなんだ」

という風に、言葉を交わさなくてもいろんなことを知ってもらえます。

そして、先輩からも申請が来たので流石に何かメッセージを送らないと失礼かな…
と思い何て送ろうか何時間も考えていた時に、
なんと先輩の方から、よろしくね!的なメッセージを送ってきてくれたんです!!!
嬉しすぎて携帯ぶん投げた記憶があります。(笑)

何と言っても、
先輩のプライベートをSNSを通じて知れるようになったのは大きな進歩でした。

単純に嬉しかったていうのももちろんあります♡

とりあえずこんな感じで、
ガツガツしすぎないさりげないアプローチをするのがまずはおすすめですよ!

その3.何かきっかけを作って、思い切ってまずは挨拶してみる!

カップル

もうこれが本当に大事です。

話しかけるなんてそんな勇気出ねーよ!!!
と思うかもしれませんが、ここだけは勇気を出してください

いくら自分が満足に変われても、
SNSをフォローしても、ただ待ってるだけじゃ何も変わりません。

逆の立場にもなってみてください。

「お、いいな」と思った可愛い女の子からSNSでフォローされて、
気さくな男の子なら挨拶くらいはできるかもしれません。

でも相手の男の子も自分と同じように勇気が出ないのかもしれません!!

 

男性は自分できっかけを作るのが苦手という人が多いです。

女性のように、
女子トークをして恋の悩みを相談して友達に背中を押してもらって…
なんてことは高校生くらいの男の子には難しいことなんですよ!!

私が通ってた高校の周りの男の子もシャイボーイが多かったです(笑)

まずは自分から1歩だけ踏み出してみてください。

本当にちょっとでいいので。

なんなら目を合わせてニコッと微笑んだり手を振ってみたりするだけでいいんで。(笑)

ちなみに私は、先輩がサッカーの部活に入っていたので
それを放課後下校中になんとなく見ていました。

先輩がシュートを打ったので心の中でかっこい〜!!
と思ってニヤニヤしていたら、部活が終わって先輩が下駄箱に1人でいて、
目があったので思わず会釈してしまい…(笑)

先輩もSNSで私のことを知ってくれていたので、
「あ!◯◯ちゃん!」と手を振ってくれました!感動しました。(笑)

そこで、「先輩シュートすごかったですね!」と言ったら
「見てたんだ。ありがとう!」なんて言ってくれて初めて喋ることができました!

もう嬉しすぎて、ニヤニヤして帰ると、
先輩からSNSでメッセージがあって、「連絡先教えて欲しい!」と!!

そしてその後は、
たまに一緒に帰るようになったりたまに連絡を取り合ったりしてました。

そろそろ告白して彼女になりたいなぁなんて思ってた時に、
先輩が告白してくれて付き合うことになりました!!!

めちゃくちゃ幸せでした!!!(笑)

まとめ:自分を変えて、まずは勇気を出してみよう!

  1. 「まずは自分の容姿を自分で満足できるレベルにする!!!」
  2. 「SNSを思い切ってフォローして自分の存在をとりあえず知ってもらう」
  3. 「何かきっかけを作って、思い切ってまずは挨拶してみる!」

ちなみにその後は、
喧嘩もたくさんしましたがその先輩で今は旦那さんと娘と幸せな毎日を過ごしています♡

この3つの方法のどれか1つでもやらなかったら私は、
こうはなっていなかったような気もします!!!

大げさかもしれませんが私は本当に人生変わりました!!(笑)

とにかく、待つだけなのはNGです。

まずは自分から少しでもいいので勇気を出して行動してみてください。

それによって何か変わるはずですから!!

あなたもぜひ試して、今は片想い中の相手と素敵な時間を過ごしてくださいね♡

-恋愛のこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.