ペットのこと

結婚式の間ペットを預かって欲しい…スマホで預かり先を探せるかも?

海外ウェディング

「海外で結婚式」

最近私周りでもそういったカップルが増えてきている印象です。

その中で時々聞く悩みがあるんです。

それが「でもペットの世話どうしよう…」というお悩み。

今これを読んでいるあなたも、
もしかして同じ悩みを抱えていませんか?

そんな時はズバリ!
スマホでペットを預かってくれるサービス
検索して利用してみましょう。

これで安心!?ペットの預かり先とのマッチングサイトがある!

犬

「そんなサービスがあるの!?」
と驚かれたかもしれませんね。

実はそんなサービスがあるんです。

その1つにDogHuggyというサービスがあります。

これは旅行や外出などで
ペット(主に犬)の世話ができずに預かってほしい飼い主と、
現在もしくはこれまでに飼育経験のある
ホスト(ペットを預かってくれる人)をマッチングするものです。

サービスを利用するにあたって、
まず飼い主は住んでいる地域の近所にいるホストを検索します。

それぞれのホストの条件や詳細を確認して予約し、
あとは当日預けに行くだけです。

決済はサイト上でできるので簡単ですね。

料金に関してはホスト側が設定します。
おおよそ1泊5000~6000円が相場となっています。

そしてその金額の30%を手数料としてDogHuggyが
徴収するという仕組みです。

私はこのサービスを知った時に
「とても便利なサービスだな」とまず感じました。

色々調べていく中で分かったことですが、
ペットの飼い主が長期で外出する際に
ペットの世話をしてもらうオプションとして
ペットホテルなどがあります。

しかし狭いケージに入れるとペットはストレスを感じてしまい、
その価格も決して安くはないそうです。

さらに、そういった環境に対して飼い主は罪悪感があるものの、
他にあまりオプションがないのが現状なのだそうです。

それにいちいち各サービスのサイトを見て
検討するのも時間がかかりますよね。

しかし、このDogHuggyというサービスなら、
色々なホストを簡単に探せて比較もしやすいですし、
かつ値段もリーズナブルだと思います。

決済もサイト内でできるのであれば
飼い主にとってもホストにとっても楽だし安心ですね。

ペットの預かり先をどう選ぶ?資格の有無も要チェック!

悩む女性

ここで1つ気になったかもしれませんね。

「そうは言ってもホストの人に
ちゃんと世話してもらえるか?」と。

しかしそこもDogHuggyではクリアしています。

DogHuggyでは、獣医やペット飼育経験者や
ペット関連の資格保有者を中心に、
面接を行ったうえでホストとして
認定する制度になっているんです。

更に、ペットシッターとしてペットを預かる場合には
第一種動物取扱業の認可が必要です。

この点DogHuggyでは動物取扱業の保管と
貸し出しの免許を取得しています。

そしてDogHuggyがペットを預かり(保管)、
それからホストに預ける(貸出)という形をとることにより、
法律上の問題をクリアしているそうです。

これならホストが「ただのペット好き」
というわけではないので、
愛情もって世話をしてもらえそうですよね。

これらの資格や免許に加えて、
預ける前に飼い主とホストが事前に面談することや
ホストが1日数回ペットの写真を
飼い主に送付するようにしています。

このようなことからも、飼い主が毎日安心できる
しっかりした仕組みを作っているなと感じました。

まとめ

私自身も今回DogHuggyというサービスを始めて知りましたが、
改めて両者にとって良い仕組みではないかと感じました。

飼い主にとっては事前に面談した上で
飼育経験者やペット関連の資格を持つホストになら
安心して預けられるでしょう。

一方ホストにとってはそれまでの経験や
保有している資格を個人で活かせる場がある
ということになりますからね。

このサービスなら例え結婚式を海外で行うために
中長期で家を留守にすることがあっても問題ないでしょう。

まずは一度DogHuggyのサイトを見てみることをオススメします。

-ペットのこと

Copyright© 雑学ラボ , 2020 All Rights Reserved.